鳥屋野潟/春霞

30日も仕事である。

忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない。この時期は寒さが厳しく、仕分けする手もかじかんで、つい息を吹きかけたくなる。

リフトのライトに照らされて、右に左に湯気を上げながら動き回る同僚らを見ていると、「経済の屋台骨を支えているのは我々なのに」と、思う。

なのに賃金は安い、仕事は長時間、働く環境は文字通り雨ざらし・・・いつからこの業界こんなになった?・・・考えてみた。

「ご苦労様です」「お疲れ様です」・・一生懸命に働く姿には頭がる。

身体がギンギンに冷えて固まって、家に戻って、風呂に浸かって目を閉じる。寝入りそうになって目を開ける。すると、湯気がゆらいでいるんだな。

ちょうど、鳥屋野潟の春霞のように、静かに、ゆっくりと、ゆらいでいる。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  再掲載です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Red and Black

みんな霧のなか

関連記事

  1. 杭とサギ

    2015年5月30日(土)撮影既に掲載済みの”光る雲”の約1…

  2. 不安な夜明け・鳥屋野潟

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時…

  3. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  4. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  5. 春先の気候の変化は心の変調?

    マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。…

  6. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  7. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  8. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。