鳥屋野潟/春霞

30日も仕事である。

忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない。この時期は寒さが厳しく、仕分けする手もかじかんで、つい息を吹きかけたくなる。

リフトのライトに照らされて、右に左に湯気を上げながら動き回る同僚らを見ていると、「経済の屋台骨を支えているのは我々なのに」と、思う。

なのに賃金は安い、仕事は長時間、働く環境は文字通り雨ざらし・・・いつからこの業界こんなになった?・・・考えてみた。

「ご苦労様です」「お疲れ様です」・・一生懸命に働く姿には頭がる。

身体がギンギンに冷えて固まって、家に戻って、風呂に浸かって目を閉じる。寝入りそうになって目を開ける。すると、湯気がゆらいでいるんだな。

ちょうど、鳥屋野潟の春霞のように、静かに、ゆっくりと、ゆらいでいる。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  再掲載です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Red and Black

みんな霧のなか

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟トロリンチョ

    本日、奥様の退院日。放射冷却現象が起きる。見渡す限り霧の中。地表近くと上空…

  3. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  4. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  5. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  6. 泣き出しそうな鳥屋野潟

    耐えられないくらい、たっぷり水分を含んだ大気に包まれている。雨がポツリと落…

  7. 眩しい鳥屋野潟

    写真は5月22日、リバーサルフィルム。モヤッとな朝焼けが続い…

  8. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。