鳥屋野潟/春霞

30日も仕事である。

忘年会も、新年会も我々の業界ではそんな言葉は存在しない。この時期は寒さが厳しく、仕分けする手もかじかんで、つい息を吹きかけたくなる。

リフトのライトに照らされて、右に左に湯気を上げながら動き回る同僚らを見ていると、「経済の屋台骨を支えているのは我々なのに」と、思う。

なのに賃金は安い、仕事は長時間、働く環境は文字通り雨ざらし・・・いつからこの業界こんなになった?・・・考えてみた。

「ご苦労様です」「お疲れ様です」・・一生懸命に働く姿には頭がる。

身体がギンギンに冷えて固まって、家に戻って、風呂に浸かって目を閉じる。寝入りそうになって目を開ける。すると、湯気がゆらいでいるんだな。

ちょうど、鳥屋野潟の春霞のように、静かに、ゆっくりと、ゆらいでいる。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  再掲載です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Red and Black

みんな霧のなか

関連記事

  1. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  2. 秋色の風・鳥屋野潟

    仕事が忙しい。そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも楽しん…

  3. ワルナスビ

    よろしくない存在(少なくとも僕には)。茎や葉にトゲがあり、う…

  4. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に…

  5. ビッグスワンXmas・version

    2015年12月9日(水)撮影 旧暦で“小春日和”と表現が可能な最後の日ら…

  6. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  7. 待ち遠しい春

    今年の冬は忙しない。師走に入った途端、ボクのいる回りの空間だけ巷からスッポ…

  8. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。