朝靄の中

「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン
「・・勘弁してくださいよ~ 俺、無理っす!」・・右のポン
「なんで、出来ないんだよッ! 霧でみんな隠れるのに、ハハハ」・・ドン

 かねてから、物語が生まれてくるような写真が撮りたい・・
そう切に願っているのだが、最近はどうも、勝手に物語を作ってしまう。
歳とってしまったのか、一度頭の中に浮かんでしまうと止められない。
「これではいかん!」と、なんどもかき消そうとするが難しい。
ファインダーから目を離し、全く違った被写体に心を向けてみる・・
間を置いて、頭の中で別のことを想像してみる・・
そうして再度ファインダーを覗いてみる・・やっぱりダメなんだな。
メラメラと最初にイメージした物語が浮かんでは動き出してきて、
その断片と被写体の動きがシンクロしちゃうと、パシャと指が動いてしまう。
 だからなんだな。左のドン(神のお告げの名)を主役に持ってきたら
「神々しいほど奉ってやれ」という意識が働いて、光のセンターへ。
下部のポン(これも)はそうすると、「なんでも仰せの通りに致します」風
のイエスマン的役割・・・・ああ・・だめだ~ どんどん膨らんでいく。
 題名だけでも、ちゃんとしないと。
 RVP100 AI- Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の船着き場

紅一葉

関連記事

  1. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  7. ヤマトシジミとマイクロレンズ

     Nikonでは昔から接写用レンズを“マイクロレンズ”と呼ぶ。どうして“マク…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。