朝靄の中

「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン
「・・勘弁してくださいよ~ 俺、無理っす!」・・右のポン
「なんで、出来ないんだよッ! 霧でみんな隠れるのに、ハハハ」・・ドン

 かねてから、物語が生まれてくるような写真が撮りたい・・
そう切に願っているのだが、最近はどうも、勝手に物語を作ってしまう。
歳とってしまったのか、一度頭の中に浮かんでしまうと止められない。
「これではいかん!」と、なんどもかき消そうとするが難しい。
ファインダーから目を離し、全く違った被写体に心を向けてみる・・
間を置いて、頭の中で別のことを想像してみる・・
そうして再度ファインダーを覗いてみる・・やっぱりダメなんだな。
メラメラと最初にイメージした物語が浮かんでは動き出してきて、
その断片と被写体の動きがシンクロしちゃうと、パシャと指が動いてしまう。
 だからなんだな。左のドン(神のお告げの名)を主役に持ってきたら
「神々しいほど奉ってやれ」という意識が働いて、光のセンターへ。
下部のポン(これも)はそうすると、「なんでも仰せの通りに致します」風
のイエスマン的役割・・・・ああ・・だめだ~ どんどん膨らんでいく。
 題名だけでも、ちゃんとしないと。
 RVP100 AI- Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の船着き場

紅一葉

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  4. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  5. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 蓮墓標

     このところ、凡ミスが多い。昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を…

  7. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  8. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。