朝靄の中


「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン
「・・勘弁してくださいよ~ 俺、無理っす!」・・右のポン
「なんで、出来ないんだよッ! 霧でみんな隠れるのに、ハハハ」・・ドン

かねてから、物語が生まれてくるような写真が撮りたい・・

そう切に願っているのだが、最近はどうも、勝手に物語を作ってしまう。

歳とってしまったのか、一度頭の中に浮かんでしまうと止められない。

「これではいかん!」と、なんどもかき消そうとするが難しい。

ファインダーから目を離し、全く違った被写体に心を向けてみる・・間を置いて、頭の中で別のことを想像してみる・・そうして再度ファインダーを覗いてみる・・やっぱりダメなんだな。

メラメラと最初にイメージした物語が浮かんでは動き出してきて、その断片と被写体の動きがシンクロしちゃうと、パシャと指が動いてしまう。

だからなんだな。

左のドン(神のお告げの名)を主役に持ってきたら「神々しいほど奉ってやれ」という意識が働いて、光のセンターへ。

下部のポン(これも)はそうすると、「なんでも仰せの通りに致します」風のイエスマン的役割・・・・ああ・・だめだ~ どんどん膨らんでいく。

題名だけでも、ちゃんとしないと。

RVP100 AI- Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の船着き場

紅一葉

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. レモンイエロー

    陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。その赤…

  4. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空…

  5. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌…

  6. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  7. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。