赤の福島潟

久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょうか、梅雨の頃を思わせる本降りが続いたものだから家の中で、昨年撮影したフィルムの整理をして一日過ごした。

フィルムは全部で75本あった。週に1本強、使用したことになる。

野鳥写真に熱中していた30代の頃は一度に10本ほど使用した日もあったから、それに比べれば、かなり少ない消費だが、フィルム体、現像代、ともに倍近く値上がりしている。かかった金額は約18万。

コレにカメラのオーバーホール、レンズの修理、ビューアー入れ替えなど諸々入れると年間総額で25万ほどになった・・・・ウソだろ?・・

月別に並べたスリーブを一点ずつビューアーに拡げ、ルーペで全てのコマをチェックして、ピントが合って、気に入ったものだけ慎重にハサミで切り取り、マウントし、スライドホルダーに撮影日順に並べ終えたら夕飯時になっていた。

午前5時頃からやり出して、めし、トイレ以外、・・あっ、ビール飲み休憩を除き約10時間かかってようやく昨年1年分が綺麗に終了した。

因みにマウントした枚数は150。

36枚撮りフィルムで75本ということは2,700カット撮っていて、この数字はどんなもんなんだろうな?

1本36枚撮りのうち、私の価値観で2枚しか生き残れなかった。

もっとも重複カットも含まれているから、厳密には1枚強となるのだが。

写真は忘れかけていたカット。整理している途中で目にとまった。

昨年五月上旬、福島潟で目撃した赤い夜明け。

染まる訳は太陽光が大気中を斜め角度から進むうち、波長の長い赤色だけが分散されずに、目に届くからと判っているが、この日は他と比べても、ことのほか激しかったのを思い出した。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5

*念のためだが、スキャン時に色調整は加えていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋風

ドッキリ・・蛾

関連記事

  1. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  2. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  3. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  4. 秋雨と紋白蝶

    知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。…

  5. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空が青…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  8. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

コメント

  1. こんばんは。最近見ることのできない真っ赤な夜明けですね。
    この連休は天気が今一つで、なんとなく消化不良で終わった感じです。

    フィルム代に25万ですか、結構な出費ですが、デジタルも次々と出る新型に
    買い替えたり、買い増したりしていると出費が嵩みます。買い時も難しいです。

    話は変わりますが、今日、福島潟の帰りに寄った濁川公園でウラナミシジミを見つけました。
    だいぶ擦れて傷んでいましたが、元気に飛び回って、なかなか撮らせてくれませんでした。
    毎年今頃になると、分布を広げてくるのか、それとも先日の台風に乗ってやってきたのか
    気になります。

    • おはようございます
       ウラナミシジミですか。察しの通り台風の影響ですかね。
      私の見た固体は図鑑で見る写真のように綺麗でした。
      葉っぱに止まったところを近づいて覗き込む事が出来たのは
      身軽だったせいかもしれません。翅裏の模様や尾っぽ・・目に焼き付いた。
       昨日その後、北側へ移動しました。冬鳥狙いのカメラマンが多くいました。
      陽が差して、暖かくなったら、キチョウ、紋白蝶、タテハの仲間、トンボが
      やたら飛び回り、その中に翅の痛んだミドリヒョウモンがいました。
      寄れるのですが、レンズを向けると逃げられる・・その繰り返しでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。