秋雨と紋白蝶

知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。

足元の気配も分からぬまま、そぞろ歩いては、カモの眠りを邪魔したり、秋虫たちの単調で眠くなるような音色に耳を澄ましているうちに白んでいた。

写欲が全く沸いてこない。

暗く、どんよりした雲のせいかもしれないが、虫の音も止んだ辺りは静まりかえり、どことなく陰鬱な空気も漂ってきた。

雨だ。

雨がポツリ、ポツリ、暗い雨空から落ちてきた。

目にする湖面に波紋が所々で花開き、その間隔が狭まって、慌てて走り出す。

その途中で出会ったのがこの写真。雨に濡れたエノコログサにモンシロチョウがしがみついていた。気温が低いせいか、近づいても、そのまんまの姿勢でいる。

三脚をほぼ同じ高さ(60センチほど)に設定し、そ~と、パシャリ。背景がスッキリ抜ける部分をじっくり探しては、ゆっくりと、パシャ~。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月19日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山影蒼く・ノビタキ

秋雨と蟷螂

関連記事

  1. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。