秋雨と紋白蝶

知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。

足元の気配も分からぬまま、そぞろ歩いては、カモの眠りを邪魔したり、秋虫たちの単調で眠くなるような音色に耳を澄ましているうちに白んでいた。

写欲が全く沸いてこない。

暗く、どんよりした雲のせいかもしれないが、虫の音も止んだ辺りは静まりかえり、どことなく陰鬱な空気も漂ってきた。

雨だ。

雨がポツリ、ポツリ、暗い雨空から落ちてきた。

目にする湖面に波紋が所々で花開き、その間隔が狭まって、慌てて走り出す。

その途中で出会ったのがこの写真。雨に濡れたエノコログサにモンシロチョウがしがみついていた。気温が低いせいか、近づいても、そのまんまの姿勢でいる。

三脚をほぼ同じ高さ(60センチほど)に設定し、そ~と、パシャリ。背景がスッキリ抜ける部分をじっくり探しては、ゆっくりと、パシャ~。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月19日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山影蒼く・ノビタキ

秋雨と蟷螂

関連記事

  1. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  2. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろ…

  5. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  6. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  7. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  8. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。