秋雨と紋白蝶

知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。

足元の気配も分からぬまま、そぞろ歩いては、カモの眠りを邪魔したり、秋虫たちの単調で眠くなるような音色に耳を澄ましているうちに白んでいた。

写欲が全く沸いてこない。

暗く、どんよりした雲のせいかもしれないが、虫の音も止んだ辺りは静まりかえり、どことなく陰鬱な空気も漂ってきた。

雨だ。

雨がポツリ、ポツリ、暗い雨空から落ちてきた。

目にする湖面に波紋が所々で花開き、その間隔が狭まって、慌てて走り出す。

その途中で出会ったのがこの写真。雨に濡れたエノコログサにモンシロチョウがしがみついていた。気温が低いせいか、近づいても、そのまんまの姿勢でいる。

三脚をほぼ同じ高さ(60センチほど)に設定し、そ~と、パシャリ。背景がスッキリ抜ける部分をじっくり探しては、ゆっくりと、パシャ~。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月19日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山影蒼く・ノビタキ

秋雨と蟷螂

関連記事

  1. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  2. 予期せぬ朝焼け・福島潟

    11月25日の福島潟、夜明けの写真です。山ぎわがこんなに明るくなってからで…

  3. ダイヤをまとったナンキンハゼ

     新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ青な冬…

  4. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  5. 逆光にキラリ・蝶の名は?

    草藪の中、ツユクサにまとわりついていたタテハの仲間をパシャリ。…

  6. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出くわ…

  7. 福島潟 黎明

    三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。上空はいつのまに…

  8. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。