白花カタクリ

 白花カタクリ
   カタクリを撮影していてファインダーから
目を離し立ち上がった瞬間に「あれ」と感じた。
何か、白いものがあったはず。キクザキイチゲではない。
「どこだったっけ」。気持ちが昂ぶる。
「もしかしたら白花?」有るわけないだろう。
数万本に1本と言われるぐらい貴重なものが・・。
「でもな、あの花の形はカタクリのはず」。
探しました。文字通り警察の鑑識係の捜査のように。
   その結果・・あった。見つけてしまった。
心臓がバクバク状態で鼓動に合わせて利き目の左目が
アイピースにリズミカルにぶつかる。
 ここはひとつ冷静にと辺りを再捜査。
すると、わずか、3,4メート四方に3株発見。
周りにはキクザキイチゲが密生していて全く気づかなかった。
 「このまま、ここで生き残ってくれ」と祈りながら
その場を離れた。来年、再会できるかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

陽を浴びるカタクリ

菜の花

関連記事

  1. 食指動かす彼岸花

    「彼岸になれば、忘れずに咲くヒガンバナ」・・写真仲間の一人の…

  2. 粗目雪とふきのとう

    2016年3月中旬撮影 午後、約1年ぶりに関川村鷹巣キャンプ場にやって来まし…

  3. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日…

  4. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  5. 不動という事

    私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろ…

  6. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  7. 春が来た!でもタイヤ交換はまだ・・

    誰が何と言おうと紛れもなく春の光。朝方は岸辺に氷が張るほど冷…

  8. キジ メス

    過去写真 初掲載 カメラ担いで畑の中を歩いていたら、突然、キジの雌が頭をあげ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。