寄り添う土筆

2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢
 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝沢まで足を運んでみました。
既に、太陽は山の端からかなり高度を上げていますが、
ここは四方が雑木林に囲まれているため、山影のまま。
それで、陽が当たり始める前に「絵になるような土筆」
を探してみました。なんか、ありませんか~・・・と。
すると、ちょっと枯れかかってはいますが気になる土筆が目の前に。
 もはや体力を使い果たし、その姿には生気が感じられません。
朽ちて行くその日を静かに迎えようとしています。
 陽が射してきて、せめて輝きが増したところでパシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花園ヨシゴイ

岩鏡

関連記事

  1. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  2. ツイン蕗

    よく出掛けるお気に入りの場所ではフキノトウは終わった。「薹の…

  3. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  4. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  7. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  8. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。