寄り添う土筆

2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢
 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝沢まで足を運んでみました。
既に、太陽は山の端からかなり高度を上げていますが、
ここは四方が雑木林に囲まれているため、山影のまま。
それで、陽が当たり始める前に「絵になるような土筆」
を探してみました。なんか、ありませんか~・・・と。
すると、ちょっと枯れかかってはいますが気になる土筆が目の前に。
 もはや体力を使い果たし、その姿には生気が感じられません。
朽ちて行くその日を静かに迎えようとしています。
 陽が射してきて、せめて輝きが増したところでパシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花園ヨシゴイ

岩鏡

関連記事

  1. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  2. 落ち葉とフキノトウ

    2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影 今年のフキノトウの…

  3. 白黒写真・水芭蕉

    今年3月末に撮影した水芭蕉。富士フィルムのリバーサルフィルムRVP100を…

  4. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  5. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  6. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。も…

  7. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  8. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。