寄り添う土筆

2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢
 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝沢まで足を運んでみました。
既に、太陽は山の端からかなり高度を上げていますが、
ここは四方が雑木林に囲まれているため、山影のまま。
それで、陽が当たり始める前に「絵になるような土筆」
を探してみました。なんか、ありませんか~・・・と。
すると、ちょっと枯れかかってはいますが気になる土筆が目の前に。
 もはや体力を使い果たし、その姿には生気が感じられません。
朽ちて行くその日を静かに迎えようとしています。
 陽が射してきて、せめて輝きが増したところでパシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花園ヨシゴイ

岩鏡

関連記事

  1. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  2. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. 岩鏡・・はかない命かな

    2016年4月24日撮影 新発田市・滝沢 22日、小径脇で顔を覗かせていたの…

  5. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  6. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

  7. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  8. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。