寄り添う土筆

2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢
 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝沢まで足を運んでみました。
既に、太陽は山の端からかなり高度を上げていますが、
ここは四方が雑木林に囲まれているため、山影のまま。
それで、陽が当たり始める前に「絵になるような土筆」
を探してみました。なんか、ありませんか~・・・と。
すると、ちょっと枯れかかってはいますが気になる土筆が目の前に。
 もはや体力を使い果たし、その姿には生気が感じられません。
朽ちて行くその日を静かに迎えようとしています。
 陽が射してきて、せめて輝きが増したところでパシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花園ヨシゴイ

岩鏡

関連記事

  1. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  2. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  3. 枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同…

  5. 待合室の中でバスを待つ葛さん

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  8. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。