寄り添う土筆

2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢
 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝沢まで足を運んでみました。
既に、太陽は山の端からかなり高度を上げていますが、
ここは四方が雑木林に囲まれているため、山影のまま。
それで、陽が当たり始める前に「絵になるような土筆」
を探してみました。なんか、ありませんか~・・・と。
すると、ちょっと枯れかかってはいますが気になる土筆が目の前に。
 もはや体力を使い果たし、その姿には生気が感じられません。
朽ちて行くその日を静かに迎えようとしています。
 陽が射してきて、せめて輝きが増したところでパシャッ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花園ヨシゴイ

岩鏡

関連記事

  1. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。