山なみ映す福島潟

 “福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。
竜巻ハウスからまっすぐ岸辺に進んだそこが大体のポイント。
 平凡な構図と判っていながら、何度来てもシャッターを押してしまう。
その訳って何だろう・・と考えてみたけど、
考えれば考えるほど判らなくなってしまった。
おそらくは自然や風土が遺伝子レベルで好きなんだろうな・・。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉っぱだけならチンゲン菜

萌える

関連記事

  1. 花になれ

     花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!オイラの想いが伝わっ…

  2. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  3. 泡沫の流れ

    池の水面に雪が降り続き、次第に白濁しシャーベット状となって、いよいよ…

  4. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 土手下のエノコログサ

    2015年9月21日(祝日)撮影  掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、改め…

  8. ん?・・

     背丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。