山なみ映す福島潟


“福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。

竜巻ハウスからまっすぐ岸辺に進んだそこが大体のポイント。

平凡な構図と判っていながら、何度来てもシャッターを押してしまう。

その訳って何だろう・・と考えてみたけど、考えれば考えるほど判らなくなってしまった。

おそらくは自然や風土が遺伝子レベルで好きなんだろうな・・。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉っぱだけならチンゲン菜

萌える

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. とにかくかわいい紋白蝶

    朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。足元の蝶々でも…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。