山なみ映す福島潟

 “福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。
竜巻ハウスからまっすぐ岸辺に進んだそこが大体のポイント。
 平凡な構図と判っていながら、何度来てもシャッターを押してしまう。
その訳って何だろう・・と考えてみたけど、
考えれば考えるほど判らなくなってしまった。
おそらくは自然や風土が遺伝子レベルで好きなんだろうな・・。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉っぱだけならチンゲン菜

萌える

関連記事

  1. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  2. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  3. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

  4. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. ヨシキリの声と朝焼けと

    4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の…

  7. 足跡

     手足、耳もピリピリ。早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。シャッターを…

  8. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。