山なみ映す福島潟

 “福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。
竜巻ハウスからまっすぐ岸辺に進んだそこが大体のポイント。
 平凡な構図と判っていながら、何度来てもシャッターを押してしまう。
その訳って何だろう・・と考えてみたけど、
考えれば考えるほど判らなくなってしまった。
おそらくは自然や風土が遺伝子レベルで好きなんだろうな・・。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉っぱだけならチンゲン菜

萌える

関連記事

  1. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  2. 夜明け後の小舟 /無断でPinterestに投稿…

    この画像および記事がブログ管理者である私の許可なくPinterestに投…

  3. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  4. 静かな夜明け

    2015年12月23日(祝)撮影 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出す…

  5. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  6. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  7. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  8. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。