人知れず咲く花の名は?

2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣

杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰められ、足が引っ掛かってしまう。

進むその足を持ち上げる度、枝が重く絡みついてくるのです。

また、踏み込む一足ごとに染みこんだ水がジュワ~と頭をもたげてきます。

そんな中、唯一明るい林床でご覧の野草がひっそりと咲いてます。

カタバミ科のミヤマカタバミでしょうか?

それとも、キンポウゲ科の仲間?よく分からないけど、花びらの開き加減が控えめで清楚な感じがしました。

顔を地面に押しつけ、杉の枝をカメラのクッションにし陽の光が少し弱まって、柔らかくなった頃合いにパシャリ。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花カタクリ

春花火

関連記事

  1. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  2. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  3. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  4. トキワハゼ

    最近、その辺の公園でよく見かけます。調べて見ると、寒い冬以外は咲いているら…

  5. 食指動かす彼岸花

    「彼岸になれば、忘れずに咲くヒガンバナ」・・写真仲間の一人の…

  6. カマキリの横睨み

    やっとこさ、オオハナアブを摑まえた。よく頑張った。立…

  7. 残念な日常・トキワイカリソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  8. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。