人知れず咲く花の名は?

2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣

杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰められ、足が引っ掛かってしまう。

進むその足を持ち上げる度、枝が重く絡みついてくるのです。

また、踏み込む一足ごとに染みこんだ水がジュワ~と頭をもたげてきます。

そんな中、唯一明るい林床でご覧の野草がひっそりと咲いてます。

カタバミ科のミヤマカタバミでしょうか?

それとも、キンポウゲ科の仲間?よく分からないけど、花びらの開き加減が控えめで清楚な感じがしました。

顔を地面に押しつけ、杉の枝をカメラのクッションにし陽の光が少し弱まって、柔らかくなった頃合いにパシャリ。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白花カタクリ

春花火

関連記事

  1. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  2. 姫は眠ったまま

    阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影たきがしらはいつまで…

  3. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。も…

  4. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「この花だ…

  5. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  6. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を伸ばし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。