白花カタクリ

2016年4月上旬撮影
 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花。
今年も、ほぼ同じポイントで姿を見せてくれた。
でも、なんだか弱々しく見えてしまう。
年々、小ぶりになっていく。今回は葉が3枚。
対生した葉の片方の葉に小さい葉が1枚乗っている。
おそらく毎年目にするのは別個体の株ではないだろうか。
撮影時期が早かったのかと思ながらファインダーを覗いてみると
花の内部は花粉がビッシリ付いていた。
ひとまず今回は抑えにパシャリ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor 105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寄り添う春

人知れず咲く花の名は?

関連記事

  1. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  2. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  3. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

  4. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  5. 逆立ち

     浮かんだエサはあっという間に消えていく。だから水中に沈んだエサを首を伸ばし…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  8. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。