白花カタクリ

2016年4月上旬撮影
 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花。
今年も、ほぼ同じポイントで姿を見せてくれた。
でも、なんだか弱々しく見えてしまう。
年々、小ぶりになっていく。今回は葉が3枚。
対生した葉の片方の葉に小さい葉が1枚乗っている。
おそらく毎年目にするのは別個体の株ではないだろうか。
撮影時期が早かったのかと思ながらファインダーを覗いてみると
花の内部は花粉がビッシリ付いていた。
ひとまず今回は抑えにパシャリ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor 105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寄り添う春

人知れず咲く花の名は?

関連記事

  1. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮って…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。