白花カタクリ

2016年4月上旬撮影
 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花。
今年も、ほぼ同じポイントで姿を見せてくれた。
でも、なんだか弱々しく見えてしまう。
年々、小ぶりになっていく。今回は葉が3枚。
対生した葉の片方の葉に小さい葉が1枚乗っている。
おそらく毎年目にするのは別個体の株ではないだろうか。
撮影時期が早かったのかと思ながらファインダーを覗いてみると
花の内部は花粉がビッシリ付いていた。
ひとまず今回は抑えにパシャリ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor 105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寄り添う春

人知れず咲く花の名は?

関連記事

  1. 自転車乗り入れ禁止マーク

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF36月…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  5. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。