白花カタクリ

2016年4月上旬撮影
 偶然見つけたのが3年前。以来、春が来れば気になる白花。
今年も、ほぼ同じポイントで姿を見せてくれた。
でも、なんだか弱々しく見えてしまう。
年々、小ぶりになっていく。今回は葉が3枚。
対生した葉の片方の葉に小さい葉が1枚乗っている。
おそらく毎年目にするのは別個体の株ではないだろうか。
撮影時期が早かったのかと思ながらファインダーを覗いてみると
花の内部は花粉がビッシリ付いていた。
ひとまず今回は抑えにパシャリ。
 RVP100  AI Micro-Nikkor 105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寄り添う春

人知れず咲く花の名は?

関連記事

  1. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  2. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  3. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  4. タマゴな水芭蕉

    撮影の実際汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心に…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 白花

    2016年4月12日午後撮影/関川村 カタクリ、キクザキイチゲは既にその盛り…

  7. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  8. RICOH GRⅢx 接写モードで虫・むしを撮る…

    RICOH・GRⅢxお気に入りの撮影ポイントでポチった図。オラが虫を撮る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。