子供の声と蕗の薹

 滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。
立ち止まって耳を澄ますと、笑い声が飛び交っている。
その音にゆらぎを感じるのは風の強弱でしょうか。
時折、葉がすれの音や落ち葉を踏みしめる足音にかき消されはするも
進むその一足ごとに、歓声はいよいよ強く、確かなものになっていく。
さらに進んでいくと年配の男女が長いすに腰掛けてこちらを見ている。
堪えきれず、視線を足元に落とすと、このふきのとう。
あまりにもタイミングが良いと苦笑いしつつも、パチリ、パチリ。
枯れ葉をグイッと持ち上げた姿に春の訪れを感じました。
 ところで撮影後に気づいたのですが、男女の姿がありません。
それに男の子達のあの歓声も全く聞こえなくなっていたのです。
山を越えて反対側へとまわりこむわけではないでしょうし、
何か、不思議な空間に迷う込んだ気がしてなりません。
 RVP100  105㍉  NikonF5   旧笹神村・滝沢にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

粗目雪とふきのとう

サンシュユの花

関連記事

  1. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。