子供の声と蕗の薹

 滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。
立ち止まって耳を澄ますと、笑い声が飛び交っている。
その音にゆらぎを感じるのは風の強弱でしょうか。
時折、葉がすれの音や落ち葉を踏みしめる足音にかき消されはするも
進むその一足ごとに、歓声はいよいよ強く、確かなものになっていく。
さらに進んでいくと年配の男女が長いすに腰掛けてこちらを見ている。
堪えきれず、視線を足元に落とすと、このふきのとう。
あまりにもタイミングが良いと苦笑いしつつも、パチリ、パチリ。
枯れ葉をグイッと持ち上げた姿に春の訪れを感じました。
 ところで撮影後に気づいたのですが、男女の姿がありません。
それに男の子達のあの歓声も全く聞こえなくなっていたのです。
山を越えて反対側へとまわりこむわけではないでしょうし、
何か、不思議な空間に迷う込んだ気がしてなりません。
 RVP100  105㍉  NikonF5   旧笹神村・滝沢にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

粗目雪とふきのとう

サンシュユの花

関連記事

  1. ヨシゴイ 幼鳥

    過去写真(遠い過去)瓢湖にて7月下旬に撮影したものと思います。ヨシゴイの…

  2. コゲラ

    コゲラです。 以前、新発田市滝沢森林公園で撮影した写真です。親鳥が虫を咥えて…

  3. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  4. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙…

  5. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  6. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  7. 冬 ツグミ

    ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうため…

  8. キジ オス

    過去写真 初掲載以前、キジのメスを掲載したが、今度はオス。メスと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。