子供の声と蕗の薹

 滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。
立ち止まって耳を澄ますと、笑い声が飛び交っている。
その音にゆらぎを感じるのは風の強弱でしょうか。
時折、葉がすれの音や落ち葉を踏みしめる足音にかき消されはするも
進むその一足ごとに、歓声はいよいよ強く、確かなものになっていく。
さらに進んでいくと年配の男女が長いすに腰掛けてこちらを見ている。
堪えきれず、視線を足元に落とすと、このふきのとう。
あまりにもタイミングが良いと苦笑いしつつも、パチリ、パチリ。
枯れ葉をグイッと持ち上げた姿に春の訪れを感じました。
 ところで撮影後に気づいたのですが、男女の姿がありません。
それに男の子達のあの歓声も全く聞こえなくなっていたのです。
山を越えて反対側へとまわりこむわけではないでしょうし、
何か、不思議な空間に迷う込んだ気がしてなりません。
 RVP100  105㍉  NikonF5   旧笹神村・滝沢にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

粗目雪とふきのとう

サンシュユの花

関連記事

  1. 自転車乗り入れ禁止マーク

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF36月…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  5. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。