子供の声と蕗の薹

 滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。
立ち止まって耳を澄ますと、笑い声が飛び交っている。
その音にゆらぎを感じるのは風の強弱でしょうか。
時折、葉がすれの音や落ち葉を踏みしめる足音にかき消されはするも
進むその一足ごとに、歓声はいよいよ強く、確かなものになっていく。
さらに進んでいくと年配の男女が長いすに腰掛けてこちらを見ている。
堪えきれず、視線を足元に落とすと、このふきのとう。
あまりにもタイミングが良いと苦笑いしつつも、パチリ、パチリ。
枯れ葉をグイッと持ち上げた姿に春の訪れを感じました。
 ところで撮影後に気づいたのですが、男女の姿がありません。
それに男の子達のあの歓声も全く聞こえなくなっていたのです。
山を越えて反対側へとまわりこむわけではないでしょうし、
何か、不思議な空間に迷う込んだ気がしてなりません。
 RVP100  105㍉  NikonF5   旧笹神村・滝沢にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

粗目雪とふきのとう

サンシュユの花

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

  3. 大乱闘

    ~前の写真の続き~「山田君!ちゃんと撒きなさいっ!」吉川叔父…

  4. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  5. 冬のエナガ

     立ち枯れした葦原にエナガの群れがやってきた。上空から覆い被さるようにドバ…

  6. 蓮の花にヨシゴイ

     久しぶりの土曜休み、明日も入れれば2連休。先週に続き「ヨッシャ~ッ」と飛び…

  7. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  8. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。