遙かな福島潟

写真は15年ほど前のもの・・と思われる。

恥ずかしい話、ちょうど会社からリストラを言い渡された翌日かな。

表向きは出向。でも片道切符と分かっていたから、例えようのない不安に襲われ、将来のことなんて考えれば考えるほど眠れなくなった。

どうなるんだと・・・。

空が明けていく。

自分の未来を重ねながらシャッターを押したかどうか・・そのへんはもう忘れた。

ただ、いまでも変わらず写真は撮っている。

RVPⅢ  NikonF4   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バンの親子

火炎土器かゾンビの手か

関連記事

  1. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  2. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  3. 山なみ映す福島潟

     “福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。竜巻ハウスからまっすぐ岸辺…

  4. 朝霧・小舟

    ricoh gr3x日の出が近づき、気温が下がってきてるのは体感できたが…

  5. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  6. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  7. 180㎜マニュアルレンズとハチス

    Kodak Tri-X400 Ai-Nikkor 180f2.8s ED N…

  8. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。