遙かな福島潟

写真は15年ほど前のもの・・と思われる。

恥ずかしい話、ちょうど会社からリストラを言い渡された翌日かな。

表向きは出向。でも片道切符と分かっていたから、例えようのない不安に襲われ、将来のことなんて考えれば考えるほど眠れなくなった。

どうなるんだと・・・。

空が明けていく。

自分の未来を重ねながらシャッターを押したかどうか・・そのへんはもう忘れた。

ただ、いまでも変わらず写真は撮っている。

RVPⅢ  NikonF4   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バンの親子

火炎土器かゾンビの手か

関連記事

  1. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  2. 枯れ蓮/Rollei Superpan 200

    Rollei Superpan 200 Ai-Nikkor 180f2.8s…

  3. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  4. グリーン・グリーン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  5. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。