遙かな福島潟

写真は15年ほど前のもの・・と思われる。

恥ずかしい話、ちょうど会社からリストラを言い渡された翌日かな。

表向きは出向。でも片道切符と分かっていたから、例えようのない不安に襲われ、将来のことなんて考えれば考えるほど眠れなくなった。

どうなるんだと・・・。

空が明けていく。

自分の未来を重ねながらシャッターを押したかどうか・・そのへんはもう忘れた。

ただ、いまでも変わらず写真は撮っている。

RVPⅢ  NikonF4   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バンの親子

火炎土器かゾンビの手か

関連記事

  1. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  2. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  3. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  4. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  5. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  6. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  7. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  8. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。