遙かな福島潟

写真は15年ほど前のもの・・と思われる。

恥ずかしい話、ちょうど会社からリストラを言い渡された翌日かな。

表向きは出向。でも片道切符と分かっていたから、例えようのない不安に襲われ、将来のことなんて考えれば考えるほど眠れなくなった。

どうなるんだと・・・。

空が明けていく。

自分の未来を重ねながらシャッターを押したかどうか・・そのへんはもう忘れた。

ただ、いまでも変わらず写真は撮っている。

RVPⅢ  NikonF4   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バンの親子

火炎土器かゾンビの手か

関連記事

  1. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  2. 染まらない朝/なんでだろ?

     台風の影響をもくろみ、朝焼けに期待したが当てが外れた。太陽が昇るほんの狭い…

  3. 蘇ったサワオグルマ

    2015年5月5日(火)撮影 久しぶりに東側の自然観察池周辺を散策してみまし…

  4. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  5. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  6. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  7. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。