遙かな福島潟

写真は15年ほど前のもの・・と思われる。

恥ずかしい話、ちょうど会社からリストラを言い渡された翌日かな。

表向きは出向。でも片道切符と分かっていたから、例えようのない不安に襲われ、将来のことなんて考えれば考えるほど眠れなくなった。

どうなるんだと・・・。

空が明けていく。

自分の未来を重ねながらシャッターを押したかどうか・・そのへんはもう忘れた。

ただ、いまでも変わらず写真は撮っている。

RVPⅢ  NikonF4   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バンの親子

火炎土器かゾンビの手か

関連記事

  1. 舞い上がったキアゲハ

     かなり傷ついているが、生きている。思い出したように突然、翅を震わせ、逃れよ…

  2. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  3. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  4. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  5. 凍える朝

     前述の掲載写真に続き、レンズを替えてパシャリ。持っているレンズは単焦点のマ…

  6. 初冬の福島潟にて

     福島潟5時40分着。 6時になっても暗い。風はさほどなく寒さを感じない。 …

  7. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  8. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。