ヨシゴイとオニバス

陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。

オニバスの花が咲いている頃だから、もうかなり生長している。

むろん、小魚を自力で捕らえては食べている。

手前の小魚に狙いを定めているようだが、見ようによっては葉の棘が気になっている風にも。

一連のポジをチェックすると、ヨシゴイは左の葉陰から現れる。

この後、小魚の捕獲には残念ながら失敗した。

過去写真 初掲載 600㍉ NikonF3   瓢湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蒼の福島潟

寒~い福島潟

関連記事

  1. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

  2. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  3. おおさど丸

    ~過去写真から~新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」…

  4. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

  5. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  6. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  7. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。