ヨシゴイとオニバス

陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。

オニバスの花が咲いている頃だから、もうかなり生長している。

むろん、小魚を自力で捕らえては食べている。

手前の小魚に狙いを定めているようだが、見ようによっては葉の棘が気になっている風にも。

一連のポジをチェックすると、ヨシゴイは左の葉陰から現れる。

この後、小魚の捕獲には残念ながら失敗した。

過去写真 初掲載 600㍉ NikonF3   瓢湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蒼の福島潟

寒~い福島潟

関連記事

  1. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  2. ツイン蕗

    よく出掛けるお気に入りの場所ではフキノトウは終わった。「薹の…

  3. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  4. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  7. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  8. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。