RICOH・GRⅢxは普段使いにいい(わがらねども)

RICOH・GRⅢx

万代島美術館で開催されている、浮世絵、刀剣なんとかかんだら、ボストン美術館所蔵のなんじゃらかんだらを観に行く途中、柳都大橋に上がり、歩道上からRICOH・GRⅢx、40㎜画角でポチった図。

RICOH・GRⅢ

んでね、こちらがRICOH・GRⅢ、28㎜相当の画角。

ポイントをんだに動かながったな。5,6歩ぐらいだ。それで同じような感じで撮影したんだども、あとでこの2枚を見比べてみると意外に画角に差があることに改めてアリャとなったのでした。

それだげだ。

そうだ、「GRⅢxは普段使いにいい」なんて書いたけど、2台持ちで街を歩いた時、なぜかこちらを使いたがるんだね。それも、迷わずに、こっちを手にしてる。アタイの場合だどもね。

5月22日

*ボストン美術館所蔵のなんじゃらかんじゃら、なんだども、日曜日と言うこともあって、入り口は人が2列で並んでいた。んでね、驚いたのは料金だったな。大人一人1,600円だ。

んだこどもあって、今回、この展覧会を観終えての感想を聞かれたら、「1,600円」と応えるな。展示物より1,600円が記憶に残った鑑賞会でございました。

その後:この手の展示会は入場料料2,000円とかざらにあるよと言われた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

都を忘れてしまう花が咲いた

県展落選作品『午後の陽射し』

関連記事

  1. 酒場の路地

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  2. 小屋番する猫・にゃろめぇ~!

    なんだぁ~・・ニャロメェ~。太陽が眩しいんじゃないぞ、オレを…

  3. RICOH GRⅢ・レスポールな細道

    RICOH・GRⅢ新潟中央郵便局にやってきたんだが、振込窓口業務はやって…

  4. 封印された出入り口

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3アク…

  5. 視線の先が気になる店先の人形

    Ilford HP5+ Ai-Nikkor 35f2s NikonF3  1…

  6. シュワッチな出入り口

    コレ、6月27日午後の撮影です。りゅーとぴあ・・どうなってるんだろうと?…

  7. 敗者を偲ぶ手向け花

    GRⅢ世間で俗に言う「捨てられし者」つまり「敗者達」に傾いた陽があたって…

  8. 明け方の裸電球

    RICOH・GRⅢx仕事のない日 夜明けの街を歩くこれはカラダにいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。