残り柿にツグミ

土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら混んでいる。これはアルビのホーム最終戦を観に行く車だ。試合が始まっているのにまだまだやって来る。

スタジアムから風に乗って声援や音楽が聞こえてくる中、野ブドウ、紅葉したもみじ、カマキリの卵鞘などを見て回っていると、エナガの群れと出会った。

ジュッ、ジュッと鳴き交わしながらこちらに近づいてくる。

先回りして、陽の当たるもみじのそばでしゃがんで待っていると、予想通り次々に通過していく。

やはり、もみじと野鳥の組合せはため息が出るほど美しい。

そんな訳で今日は野鳥写真を掲載してみた。

押し入れから出てきたのはもみじではなく、残り柿をついばみに来たツグミの写真。

過去写真(30代前半、新発田市、五十公野公園裏にて)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤いもみじ

清流のカワガラス

関連記事

  1. もののけ・モミジ様に誓った一言は

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. ニホンカモシカ

    春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、…

  3. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  4. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  5. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  6. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  7. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静かに見守…

  8. 猩々緋の猩々袴

     ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ「漢字で“猩々袴”とあてながら“猩々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。