きのこの子?

 キノコの名前は全く分からない。
ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされておらず
素の状態でかごの中に入っていたら、きっと不安に感じるだろう。
森の中でナメコを見つけたとしても名札でもぶら下げてない限り
手が出ないかもしれない。それだけズブの素人だ。
 チシオタケ・・?写真図鑑で調べてみても不安は拭えない。
似たような写真がズラズラ出てくるもんな。
 というわけで確信があって鍋にして食べてバタンキュ~する人も
いるくらいだから、割り切って、キノコは獲らず、撮るもの・・と
思うようにしている。
 過去写真 初掲載  105㍉ NikonF5   新潟県奥胎内にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

枯れトンボ

冬 ツグミ

関連記事

  1. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。