蓮の葉の上で考える・雨蛙

100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3

朝陽がモロに当たってた。葉の表面の朝露は消えかかってる。雨蛙はまだ濡れていた。夜露がたっぷりな頃からこの雨蛙は此所でじっとして体を温めているのだろうか。

花芯中央へ滑り落ちてくる獲物を狙っている姿でもなさそうだ。

そっと近づいてみる。

僕の動きに反応して、体の向きを少しだけ変えた。

逃げられるかも知れない・・一度引いてじっくり様子をうかがう。

蓮の花心と雨蛙を対角にもってきたら面白いかも。

そのため水平を若干いじって、カメラを傾けて撮影した。

22日 福島潟

Silversalt:フィルム7本目の現像。酸化が進んで性能が劣化したんじゃないかなと思って現像時間を若干伸ばしてみたが、その必要なかったな。全体が露出オーバー目になってた。手焼きプリント作成時には都合が良いかもしれないけど。Web画像用にスキャン時に明るさを下げている。この現像液、推奨データ通りでバッチリですね。ますます好きになってきたぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自転車乗り入れ禁止マーク

青楓

関連記事

  1. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  2. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  3. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  7. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。