ただの重なり・なんだかなぁ~?

Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultron40f2sl+Y2 NikonF3

終点距離40㎜の単レンズにモノクロフィルム専用のY2フィルターを噛ませて撮影してる。風が強く雲がどんどん流れて陽が照ったり翳ったり。写真は陽が射してモノに影が現れた時。

メリハリの効いた、白黒パキッとなるような感じで・・塊が威圧するような、迫って見えるような・・それだけをイメージして撮影したつもりなんだけど、結果はコレ。

現像を終了し風呂場にネガを吊し終え、ちょっと身を引いて眺めた時に「なんにも面白くねぇ」。ネガが乾いて6カットづつハサミを入れ、ライトボックスに載せてルーペで覗き込んだ。

綺麗な現像仕上がりなんだけど、それ以外の感情、感想全くナシ。

俺って、冒険心足りないんだろうか?

なんでこうも頭の中のイメージと実際の写真が違うんだろうか?

イメージの接点さえ写真からは感じ取れない。

試しにスキャンしたパソコン画像をいじってみた。

暗くしたり、輪郭を強調したり、明るいところを抑えてみたり・・すると少しは自分のイメージに近づいた画像が出来上がっていく。

でも・・なんだかなぁ~。

結局、元画像を少しだけシャープにしたぐらい。

フィルムの種類?

白黒が強調されるフィルムがあると聞くが、それを使ってみるかな。

現像のやり方?

あんまり極端に変えるのもなんだかなぁ~。

・・教科書通り‥の現像方法から抜け出せない・・

📷データ:T-MAXデベロッパー1:4 24℃ 5分30秒 攪拌(30/30/5)
*前日にYカメラへ現像液を買いに行く。今までのT-MAXデベロッパー、残りがちょっとあったけど液体が黄色っぽい。それで出掛けたんだが、現像液、コレと粉末タイプのミクロファインしか置いてない!駅反対側のBカメラに向かうと現像液そのものがない!戻ってコレを買う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バルバスバウマーク

新潟大橋・自宅⇒会社

関連記事

  1. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

  4. サワギキョウ

    枯れ始めたし、付近はジメジメだし、小枝や葉っぱが交差してるし・・・時…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。