命を紡ぐ大輪寺の菫

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

この菫の存在は子供の頃から知っている。寺の山門の柱の根元、春になると葉を伸ばし花を付ける。柱の土台とコンクリートで出来た床には小っちゃな隙間があってそこから這い出してる。

僕が小さい頃は視界に入りながらもそれほどの関心もなかったが、写真を趣味にするようになって、また実家を離れて生活するようになってこの菫がなにか大きな存在に思えてきた。

命を紡ぐ、その大切さが分かってきたのだろうか。

今年は花咲く時期を待っていた。美しい紫色の花を付けた姿を眺めていたら、自分自身が目に見えない何かに見られているような気がして何度も後を振り返ったのでした。

4月上旬・胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

風の強い朝・萬代橋

ファンネルマーク

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  3. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静か…

  4. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  5. 月・日・星・ホイホイホイ

     ポジの管理が杜撰で保存状態が良好でない。プラスティック製のマウントとポジ…

  6. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  7. 雨の日・稚児百合

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。