敗者を偲ぶ手向け花

GRⅢ

世間で俗に言う「捨てられし者」つまり「敗者達」に傾いた陽があたっていた。

彼らにも陽の恩恵にあずかる一時があると言うことは「選択肢から外れた者達にも」勝者同様に均等な光が与えられたと言うことだ。「勝者」は言い換えれば「愚者」でもあるから、命を司る陽の光の前には万物は平等であるのかもしれない。

そう俺は思っているんだけどなぁ。

これまた通勤帰りに自転車から降りて見た光景。

毎日この脇を通るから気になってしょうがない。いや、気になる対象が他にないせいかも。都会と違ってすれ違う人、車がまずない。ですから音もない。自転車漕ぐ自分の体臭がポワ~と臭う程度である。

発酵する球根礫に成長したチューリップが覆い被さっていた。切り花のような感じである。ある意味、日の目を見ることのない球根達への手向け花に見えた。

4月1日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社帰りに見た光景

清楚な佇まい・猩猩袴

関連記事

  1. 小屋番する猫・にゃろめぇ~!

    なんだぁ~・・ニャロメェ~。太陽が眩しいんじゃないぞ、オレを…

  2. 最後に小さくポ~ン!

     4月17日 金曜日 朝3時半。外に出ては空を確認。やはり曇り空。桜どころか…

  3. 快晴

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  4. オメガな光

    6日の早朝、新潟市内をブラ散歩したときの。駐車場に車を止めた頃から陽…

  5. 休業日

    呑みたい酒が呑めないとなると、気持ちを鎮めるのに幾らか時間がかかる。…

  6. 柳都大橋で陽を浴びる

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

  7. 新潟市内で眺めた雪の花

    娘が学校に提出する『インフル治った証明書』にサインをいただくためお医…

  8. 狐につままれる

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。