会社帰りに見た光景

GRⅢ

会社からの帰りは走ってきた道をまず振り向かない。心の中は1秒でも早く会社の影響が及ぶ圏内から逃れたい思いで一杯だ。全神経をペダルに注いでひたすら漕ぐ。

こうなっちまったのは職場での僕の業務内容も少なからず起因していると感じる。

事故係である。クレーム係である。何でも相談係である。それでいて権限が中途半端である。絶えず緊急スマホを抱えている。いつかかってくるのか怯えていて、呼び出し音が鳴っていなくとも目を覚ませば確認に急ぐ。時々幻聴を聞く。まさにその呼び出し音が夢の中で響いたり僕を呼ぶ声が聞こえたりする。

職場でこんな悩みを話したところで「甘い」と言われ一蹴されるだろう。じゃぁ「辞めれば」となっちゃう。出来れば辞めたい、辞めればこんな悩みはすぐに消えてなくなる。グッスリ眠ることも出来る。

安全管理やってる人はこうなるのかな。終業時刻が来ればその場から一刻も早く脱出したくなる。出来るだけ遠くへ逃げるつもりで自転車漕いでしまうんだ。

この時もそうだったが、道端のチューリップの球根塚を通り過ぎたところでブレーキを掛けUターンして戻って、自転車から降り、塚の処へ歩み寄ったのです。

花が咲いてたんだ。

あぁ~となってしばらく眺めました。此所のチューリップは商品価値がないとみえて打ち捨てられたのだろう。球根が重なり合って山のようになっている。その中から花芽を伸ばし咲いてるんだから。

ちょっとグッとくるものを感じたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

敗者を偲ぶ手向け花

関連記事

  1. 新川漁港

    新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。メリハリ…

  2. UFOタンク

    写真は奥様の実家の庭に鎮座する天然ガス貯蔵タンク?(名前よく分からない)…

  3. 流木と老紳士

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3昨年…

  4. 冬の太陽光線

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 NikonF…

  5. 快晴

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  6. 酒場の路地

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  7. 僕を透視する浜猫

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  8. ファンネルマーク

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。