大きく剥がす・氷の板

ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3

道を歩いていて氷が張った水溜を見ると、ムズムズしてくる。

氷の張り方次第で僕のムズムズは二通り。

薄い氷であるなら、足でバンバンやって、グチャグチャにする。

厚さがあるなら、いかに大きく氷を板状のまま持ち上がられるか。

この場合、後者のムズムズとなった。

手がかりを探し、慎重に氷板を持ち上げる。

3,40㎝四方でしょうか、それが出来たの。

それ以上大きくはできないんだな。

厚さに比例してるんでしょうけど。

こうした遊びを生まれた頃から今もやってる。

ある意味、変人・奇人の域に達した者でしか味わえない恍惚感。

麻薬はやったことないけど、そんな類いかも。

そして終いには記念に写真を撮る・・これも変わり者の行動例。

2020年12月撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

真綿色の帽子とセーター

流木と老紳士

関連記事

  1. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  2. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  3. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  4. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  6. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  7. 三角関係

    鷹巣キャンプ場にカタクリの花を撮りに来た(31日の話)。26日の月曜日、一…

  8. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。