萬代橋・夜明け前

acros 100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f2sl nikonf3 2月撮影

2月の末、雪もなく風もなく寒くもなく(いや・・寒かったかな、手がかじかんだし)、およそ「コレが冬の新潟か?」と首を90度近くも傾げるようななかで撮影した。

信濃川左岸の遊歩道エリア・やすらぎ堤、萬代橋にぶつかるその場所はホテルオークラの袴部分に近く、駐車場の特定も容易で、その気になれば誰でも簡単に撮影に赴ける。

けれども、撮影している人なんかまず見たことない。

ありふれた光景で見飽きたのだろうか。

僕は見飽きてはいない。

食指が動いた・・そう表現するのが妥当だろう。

数日前に真昼の万代橋を撮影した。

その際に思い出しましたね。

向こう側での写真だったか。萬代橋の親柱にNikonF5が鎮座している写真を。

某カメラ雑誌の表紙絵を飾った写真は僕の記憶のなかで色褪せることがない。

記憶の扉をノックしないと「アッ、あれね!」となりつつあるけど、一度開いた扉のなかはまだまだ鮮明であるのだ。

写真

モノクロフィルムを使用して間もない時期でしたが、撮影しているその間は「撮ってるぞ~」という高揚感を味わっておりました(操作のひとつひとつがマニュアルだからか)。

長秒撮影です。

露出値はあえてプラス側を選んでます。

カメラは当然ミラーアップ。

三脚はこれまた頑丈なタイプを使用してます。

三脚を立てた場所は遊歩道ですが、足元脇堤下の道路を走る車は超高速なんで。

時間的に交通量はゼロに等しいせいか、通る車の速度が半端でない。

車が近づいてくると、立っている地面(床)から微かな振動を感じるときがあった。

ですから撮影は車の流れが途切れたその時がかなり大事。

構図はその人なりに考えれば良いだろう。

カメラ雑誌等で「こうしたら、ああしたら」なんて解説されてるけど、そもそも解説者は撮影時にその場所にいない訳で、撮る側でしかわからないものが沢山ある。

そこんとこを斟酌しながら撮影しないと人様追い写真の連発を生み出すんだよ。

トリミングしたら・・くそ食らえ・・です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

信濃川船だまり

すべて黒尽くめの男

関連記事

  1. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  2. パレット墓場

    かなり強烈にビビッときて、「撮らなくっちゃ」となった。それなのに1枚…

  3. 火炎土器かゾンビの手か

     縄文式土器の火炎模様と捉えるか、パチンコCRモンスターの地中から這い出たゾ…

  4. 寂れた冬がやって来る

    11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。…

  5. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

  6. 坊主頭

    県立植物園の温室ドーム。此処は曲線と直線の織りなす建物が隣接…

  7. 青い空に波打つタワー

    2月24日日曜の青空は新潟に居ながら東京で仰ぎ見たそれにそっくりで、…

  8. アチラ側とコチラ側

    写真は新潟市東区にある山の下みなとタワーの外階段踊り場?から東の方向…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。