薄桃色の夜明け・福島潟

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3   4月4日撮影

春を迎えた頃から福島潟では遊潟広場側で朝焼けを撮影する日が多くなる。

いつもの木が美しく映える時期がやって来た。背景が美しい朱色に染まるんだ。枝振りがシルエットとして浮かび上がってくるんだ。

遠く牛の背中を連想させる山々の重なりとその木とのコンビは僕は大好きで、毎年のように撮り重ねている。

この時期はいつもなら葦原は野焼きされている。いつもの木は黒焦げの大地からポツンと取り残されたように立っているのが常なんだ。

全体を絡ませて眺める光景はあまりにも醜い。

汚いからカメラマンはあまり近寄っては来ない。

しかし、考えようによってはそれが良い方に作用する。

葦が無ければいつもの木の“足元”がよく見える。木の全体がシルエットとして撮影できるチャンスでもあるのですね。

野焼きされ黒ずんだ大地だって川霧が沸き立てばその中に沈んでしまう。

タイミングさえ合えば、息を呑む光景に出会える時がある。

ところがである。

今年はコロナの影響で野焼きが中止となった。

昨年は野焼きされても雨で途中で火が消えた。いつもの木はその“袴”部分を露わにすること無く2年目を迎えたことになった。

それでも、なんとかなるだろうと木に近づいては視線を低くして木の全容を探ったのだが、どうしてもアングルが見つけられない。

結局、引いて撮影したのがご覧の写真。

朝焼けで染まる中心はまだ右寄りだ。だからまだ撮り直しが効く。木が勢いづいてワ~と葉を広げる前に、なんとかしてチャンスを掴みたい。

*木が葉を広げると枝のシルエットが潰れてしまうんで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バカマの素顔

娘さんの首筋・猩猩袴

関連記事

  1. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  2. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  3. 青空と白鳥

      白鳥の飛ぶ姿は綺麗だが、写真にするのはオイラは苦手。若い頃、青空を背景…

  4. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  5. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  6. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろ…

  7. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  8. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。