新川漁港

新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。

メリハリが利いた直線的な光は、物の姿を立体的に浮かび上がらせてくれる。

僕はこの光が欲しかった。

写真の出来はともかく、モノクロフィルムの場合、弱い光の中での場合とこのような場合ではどんな風に描写の違いが現れてくるのだろう。

ソレが気になってた。

つまりこの写真、撮り直しなんですね。

前回のは夕方の乏しくなっていく光の中での撮影。

フィルムの現像が仕上がってきて、前回のと今回のとを比べて見た。

やっぱり、こちらの方が好きだなぁ。

気合いが入っていたせいもあるから。

それにしてもこのロープ、船と関係があると思うけど、ずっとこんな状態であるんだ。触ってみるとなんだか硬く固着しているみたい。

浜、魚、砂、汗・・いろんな匂いがしみ込んでる。

・・現在は東京在住のT氏から頂いた現像タンクの使い方を練習中(ダークバックの中でリールにカチャカチャとフィルムを巻いて最後にフィルムをパトローネから切り離す、そのハサミの手際がうまくいかない・・

ACROS 100Ⅱ コシナ・フォクトレンダー ULTRON 40f2SLⅡ NikonF3

*あぁ~・・写真の左上の辺りに小さな白い糸状のゴミ発見!

いろいろ、ああだこうだと書いたけど、モノクロフィルムってプリントで仕上げる場合に色々と出来るんでしょ?部分的に焼き込んだりいろいろと。

コロナ禍

他人事と考えていた。

娘の学校が休校になっても、「なんでそこまでするんだ」ぐらいの認識。

東京オリンピックの延期論義がフツフツ沸いてきてようやく「ただ事じゃないぞ」となってきた。

どうなるんだろう・日本と世界。

怖くなってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

水屋猫

関連記事

  1. 夜の萬代橋

    新潟県人なら誰でも知っている萬代橋。風が強く、コンデジを比較…

  2. 夏草覆う廃船場

    夏の蒸し暑い昼下がりなのに、ちょっともの悲しい雰囲気がそこには淀んでいるよ…

  3. Kodak Tri-X と SPUR Silve…

    Kodak Tri-X Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3…

  4. 美しい人

    Ilford HP5+ Ai-Nikkor 35f2s NikonF3早…

  5. 鉄の船・ほうれい線

    Ilford HP5+ Ai-Micro Nikkor 105f4 Niko…

  6. 火炎土器かゾンビの手か

     縄文式土器の火炎模様と捉えるか、パチンコCRモンスターの地中から這い出たゾ…

  7. 波打ち際・小針浜

    KodaK T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  8. 空き地のトッキッキ

    adox chs100ⅱ ai-nikkor 180f2.8s ed nik…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。