葉痕・オニグルミ

Facebookに先日投稿した【オニグルミ・猿顔】のモノクロバージョン。

スライドマウントの枠はそのまま。荒削りだが、手を抜いたわけでない。ただし、ホントのモノクロとは違う。機械が脱色しただけだ。

葉痕

鳥屋野潟公園で葉痕を探す。

大きな木、小さな木、その小枝の先っぽにこんな葉痕のある樹木が沢山。

写真の木はオニグルミ。

様々な植物の葉痕探しは冬の数少ない外遊びのひとつかも。

雪がない冬は嫌だ・・なんて家の中でじっとしていても今冬は暖冬なんだから仕方がない。こんな冬は滅多にないと考えを改めるしかないのかな。

モノクロフィルムへの不安

よ~し、モノクロフィルムを買うぞ!と量販店に出向いても、実際手にしているのは慣れ親しんだリバーサルフィルム。

どうしても買うのをためらってしまう。

どこへ現像に出せばいいのか・・それが不安なんですね。自家現像技術なんか全く無いから外に出すしかない。信頼できる店が見つからないのだ。

アクロスⅡ

昨年秋に富士フィルムが一度製造中止したモノクロフィルム『アクロス』を『アクロスⅡ』として販売を始めた。

日本でフィルムの原材料を製造し、イギリスのイルフォードという会社で製品化してる。だからフィルム本体外装に「UK」(United Kingdom)と印字されている。

てっきり富士フィルムが全て一貫生産してると思ってた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

採らずに撮った冬きのこ

タカアザミ・朝霜

関連記事

  1. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

  2. 睡蓮

    2015年5月31日(日)撮影夜明け前まで雨が降り続いていました。…

  3. 夜明け空を駈ける

    写真は6月23日(土)の夜明け間近な鳥屋野潟(とやのがた)。フィルムが残り…

  4. 春三色

     鳥屋野公園トリムの森。GWと言っても、カレンダー通りに休みを貰える訳でなく…

  5. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  6. 華やぐ老い花

    RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f2SLⅡs NikonF…

  7. 朝露キラリンチョ

    2015年8月中旬撮影 この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区別す…

  8. たんぽぽ

     温かい。寒くない。手袋しなくていい。公園内を散策していて花の咲いたヒメ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • くわたろう
    • 2020年 1月 27日

    同じですね。でも微妙に表情が違う・・・なんかサルっぽい顔に見えました。

    25日朝、福島潟でイタチを見ました。害獣扱いされるようですが可愛かったです。

    • コメントありがとうございます。
       鳥屋野潟公園にはオニグルミを初め葉痕を楽しめる木々が何本かあります。
      定期健診で会社を休んだその朝が晴れまして、医者へ行く前に撮影したのでした。
      くわたろうさんの撮影したオニグルミの葉痕はアルパカ風ですよね。
      こちらはほとんどが猿顔風です。
       イタチ撮れましたか?ここ最近見てないなぁ。
      休日日直に当たってしまって、25,26の両日とも会社で仕事してました。
      カメラを持たない日が長く続くとつらいものがあります。

    • くわたろう
    • 2020年 1月 28日

    こんばんは。
    イタチ。撮れなかった・・・薄暗くてセルフタイマー2秒に設定していて、シャッターが切れる前に消えました。
    土日は仕事で残念でしたね。久々に晴れたので良かったです。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。