採らずに撮った冬きのこ

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1月中旬撮影  鳥屋野潟公園

きのこは判りません。

種の同定に自信がない。

自信がないから触らないことにしている。

ず~とそうしてきたが、このきのこと対面した時は心が揺らいだ。

食いてぇ~ と。

陽に照らされた彼の表情なんか瑞々しくプルンプルン。

弾けそうな新鮮さ・・あぁ~食ったら旨いかも!

ナメコ?

食用?

でも違ったらどうしよう。

さぁ、どうする どうする・・

結局採らずに撮っただけなのでありました。

*木の裂け目から親指ほどのタマタマが沢山。タマタマはナメコのようにジェル状のヌルヌルに覆われていた・・

冬の行方

このまま春を迎えるのだろうか。

長期予報に【冬将軍到来】という言葉が見当たらない。

フキノトウ(バンゲ)が早くも顔を出した地域もあるし、今日は「裏山で梅が咲いた」なんていう報告も聞いた。

昼時間は確実に増え、一月もしないうちに冬鳥達は北へ向け飛び立ってしまう。

このまま冬が終わってしまうならかなり記録的な暖冬になるだろう。

春先の水不足が懸念される。

夏場は異常高温か

メガ台風が立て続けに襲いかかってこなければ良いのだが・・

マニラ近郊の海底火山爆発、沖縄での地震の頻発、そして先日の四国地方の地震・・震源域を線で結ぶとプレートと重なっているように見えてくる。

落ち着かない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たわわな実・ヘクソカズラの実

葉痕・オニグルミ

関連記事

  1. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

  2. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  3. 香り漂うロウバイの花

    1月8日に撮影したロウバイの花です。休み前に現像が上がってきましたが、13…

  4. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  5. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  6. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  7. 半分、赤い・・鳥屋野潟

    なんだか、“半分、赤い”焼ける前から雲の動きを見ていて「これは半分だ…

  8. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。