採らずに撮った冬きのこ

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1月中旬撮影  鳥屋野潟公園

きのこは判りません。

種の同定に自信がない。

自信がないから触らないことにしている。

ず~とそうしてきたが、このきのこと対面した時は心が揺らいだ。

食いてぇ~ と。

陽に照らされた彼の表情なんか瑞々しくプルンプルン。

弾けそうな新鮮さ・・あぁ~食ったら旨いかも!

ナメコ?

食用?

でも違ったらどうしよう。

さぁ、どうする どうする・・

結局採らずに撮っただけなのでありました。

*木の裂け目から親指ほどのタマタマが沢山。タマタマはナメコのようにジェル状のヌルヌルに覆われていた・・

冬の行方

このまま春を迎えるのだろうか。

長期予報に【冬将軍到来】という言葉が見当たらない。

フキノトウ(バンゲ)が早くも顔を出した地域もあるし、今日は「裏山で梅が咲いた」なんていう報告も聞いた。

昼時間は確実に増え、一月もしないうちに冬鳥達は北へ向け飛び立ってしまう。

このまま冬が終わってしまうならかなり記録的な暖冬になるだろう。

春先の水不足が懸念される。

夏場は異常高温か

メガ台風が立て続けに襲いかかってこなければ良いのだが・・

マニラ近郊の海底火山爆発、沖縄での地震の頻発、そして先日の四国地方の地震・・震源域を線で結ぶとプレートと重なっているように見えてくる。

落ち着かない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たわわな実・ヘクソカズラの実

葉痕・オニグルミ

関連記事

  1. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

  2. 睡蓮

    2015年5月31日(日)撮影夜明け前まで雨が降り続いていました。…

  3. 夜明け空を駈ける

    写真は6月23日(土)の夜明け間近な鳥屋野潟(とやのがた)。フィルムが残り…

  4. 春三色

     鳥屋野公園トリムの森。GWと言っても、カレンダー通りに休みを貰える訳でなく…

  5. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  6. 華やぐ老い花

    RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f2SLⅡs NikonF…

  7. 朝露キラリンチョ

    2015年8月中旬撮影 この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区別す…

  8. たんぽぽ

     温かい。寒くない。手袋しなくていい。公園内を散策していて花の咲いたヒメ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。