“葉っぱのコシカケ”

どう見たって、こりゃぁ、“葉っぱのコシカケ”でしょう。

形のいいサルノコシカケと出会い、さらに確かめようと上に載った枯葉を取り除こうと手を伸ばしたが止めた。

危ねぇ、危ねぇ!

自然な状態の方が良いに決まっている。

沼の縁に突き出たラクウショウの気根を撮ろうとやって来たが、そこには既に1人のオッサンが湖面に向かってパシャパシャ。アクロバット的に撮影に夢中。

軽トラックで乗り付けたそのオッサン、少し前までは私の撮影の邪魔をしないように遠回りに静々動いていた。

だから、今度はこっちが邪魔しちゃあマズイってな気持ちになって池の畔までは近づけなくなった。

足を止めたその先に立派なサルノコシカケを見つけたのでした。

これでも撮ろうかなと。

ちょっと木陰で薄暗いけど、「林の中だ」ってな雰囲気はあるし。

今回はマイクロレンズを使わず近接撮影にも強いフォクトレンダー・ウルトロンレンズを使用。現像があがり、思わずムムッとなる仕上がりに満足なのでありました。

RVP100 NikonF3 胎内市・胎内平 11月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

行き先はジャカルタ

切ないタカアザミ

関連記事

  1. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  2. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  3. アメリカ コハクチョウ

     年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間のみ近…

  4. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

  5. ツルシギ冬羽

     野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような綺麗な…

  6. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  7. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。