ベニスズメじゃないベニスズメ

こんな表題にしたせいで、ややこしや~。

ここでお呼びでないベニスズメはジュウシマツより一回り小さな小鳥(小学生の頃、カゴの中でうずくまっていたジュウシマツを手の中で温めていたら元気になった)。

写真のソレはスズメガの仲間、正真正銘の蛾・ベニスズメ。

蛾マニアにとっては垂涎の的!

それだけ魅力的な蛾なのだが、ハッキリ言って僕には単なる蛾としか映らない。

クヌギの幹に止まって樹液の在りかでも探していたみたいで、ジッとして見えて口吻を盛んにクルクルさせていたのだった。

夜行性のはずがもうじきお天道様の光がモロに射し込んでくるのに平気かしら?

いやいや平気ではなかった。

斜め後ろからジッと観察していたんだが強い光線を避けて動いてるんですね。

そうしながらもとにかく樹液だけは吸いたい!そんな気持ちアリアリな感じで。

そこんところをクヌギの樹肌を絡めて撮ったのでした。

パチパチと。

レンズの絞り値を絞り込んで、カメラなんかミラーアップした。

少しでもクッキリと。

低速シャッターによって生じるカメラブレ(ミラーショック)を軽減しようとした。

ベニスズメだよ!

腹部なんかピンク!

三角翼は重戦闘機みたい。

かなり高速で飛ぶんだろうな(三角翼はスズメガの仲間の特徴)。

撮影後、このベニスズメはオイラに向かって飛んできた。三脚にとまろうとして、振り払ったら脇の草藪の中に消えていったのでした。

あの時耳にした翅音。

結構にブオ~ンと唸るんだね。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  新発田市  9月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

七月の朝がもうじき?

コブ・瘤にしか見えない

関連記事

  1. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  2. 子供の声と蕗の薹

     滝沢の水芭蕉群生地に向かって砂利道を歩いていて子供の声。立ち止まって耳を澄…

  3. 夏の入道雲

     瓢湖の裏側から新発田市方面に広がる田園地帯での一コマ。8月に入り稲穂が出そ…

  4. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  5. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  6. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ。何…

  7. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  8. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。