ベニスズメじゃないベニスズメ

こんな表題にしたせいで、ややこしや~。

ここでお呼びでないベニスズメはジュウシマツより一回り小さな小鳥(小学生の頃、カゴの中でうずくまっていたジュウシマツを手の中で温めていたら元気になった)。

写真のソレはスズメガの仲間、正真正銘の蛾・ベニスズメ。

蛾マニアにとっては垂涎の的!

それだけ魅力的な蛾なのだが、ハッキリ言って僕には単なる蛾としか映らない。

クヌギの幹に止まって樹液の在りかでも探していたみたいで、ジッとして見えて口吻を盛んにクルクルさせていたのだった。

夜行性のはずがもうじきお天道様の光がモロに射し込んでくるのに平気かしら?

いやいや平気ではなかった。

斜め後ろからジッと観察していたんだが強い光線を避けて動いてるんですね。

そうしながらもとにかく樹液だけは吸いたい!そんな気持ちアリアリな感じで。

そこんところをクヌギの樹肌を絡めて撮ったのでした。

パチパチと。

レンズの絞り値を絞り込んで、カメラなんかミラーアップした。

少しでもクッキリと。

低速シャッターによって生じるカメラブレ(ミラーショック)を軽減しようとした。

ベニスズメだよ!

腹部なんかピンク!

三角翼は重戦闘機みたい。

かなり高速で飛ぶんだろうな(三角翼はスズメガの仲間の特徴)。

撮影後、このベニスズメはオイラに向かって飛んできた。三脚にとまろうとして、振り払ったら脇の草藪の中に消えていったのでした。

あの時耳にした翅音。

結構にブオ~ンと唸るんだね。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  新発田市  9月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

七月の朝がもうじき?

コブ・瘤にしか見えない

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  3. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静か…

  4. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  5. 月・日・星・ホイホイホイ

     ポジの管理が杜撰で保存状態が良好でない。プラスティック製のマウントとポジ…

  6. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  7. 雨の日・稚児百合

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。