花びらのゆりかご

アジサイの残り花でも撮ろうかな、生気の無い花びらでも・・・

ああでもない、こうでもないと思い倦ねながら彼らを眺めていたら、花園を寝床代わりにジッとして動かないキリギリスの類いを見つけた。

ツユムシ?

キリギリス?

どっちだろう? いずれにせよそのへんのカテゴリーだろう。

緑が美しい。

瑞々しいその体色は勢いを失った花びらの中にあって一際目を引いたような・・いや、そうでもないような・・・とにかく際立っていたのでした。

頭の中で「枯れ花」「沈んだ感じ」「腐れかけたような」・・アジサイに対するイメージをどんどん膨らませていたものだから、このキリギリス?の生身の緑はちょっと受け入れがたい鮮烈色。

撮るか止そうか躊躇してしまいました。

しかし陽が射してくると頭の中のイメージが次第に溶け出していくのですね。

色を失いかけたアジサイの残り花も陽射し加減でほんのりと色づいていくようです。

ほんの少しなんですが薄紫色に輝いてきたような。

オッ・・・オォ・・・いいでちゅねぇ~

彼らが愛おしく見えてきたのでした。

長い

キリギリスの目ん玉部分にピントをゆっくり合わせていたら気が付いたんだ。

ヒゲ(触覚)・・長~い。

画面に収まりません。

静かに三脚を引いて、カメラを縦位置にした。

ヒゲは画面からキレてないよな・・

花びらはこちらを向いているよな・・

キリギリス?にとって、このアジサイの花園はゆりかご的な存在なんだろうか・・そんなことを思ったりして。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市 15日撮影

*彼にとっては僕は喜ばしくない存在で、ジッとしていながら「どうやって逃げようかな」と考えているのかもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

幻の赤い雲

関連記事

  1. 雪肌

     吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が眩しく…

  2. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  3. “五郎丸”とんぼ

     こっ、これは!・・もしかしてあのポーズ?在庫写真を整理していて懐かしいポジ…

  4. 杉木立のトラフズク

      11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方…

  5. カメムシは本当に嫌われ者?

    カメムシが好きだ!なんて声高らかに公言する輩はどこかにいるのだろうが…

  6. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉が闇夜…

  7. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ日…

  8. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。