花びらのゆりかご

アジサイの残り花でも撮ろうかな、生気の無い花びらでも・・・

ああでもない、こうでもないと思い倦ねながら彼らを眺めていたら、花園を寝床代わりにジッとして動かないキリギリスの類いを見つけた。

ツユムシ?

キリギリス?

どっちだろう? いずれにせよそのへんのカテゴリーだろう。

緑が美しい。

瑞々しいその体色は勢いを失った花びらの中にあって一際目を引いたような・・いや、そうでもないような・・・とにかく際立っていたのでした。

頭の中で「枯れ花」「沈んだ感じ」「腐れかけたような」・・アジサイに対するイメージをどんどん膨らませていたものだから、このキリギリス?の生身の緑はちょっと受け入れがたい鮮烈色。

撮るか止そうか躊躇してしまいました。

しかし陽が射してくると頭の中のイメージが次第に溶け出していくのですね。

色を失いかけたアジサイの残り花も陽射し加減でほんのりと色づいていくようです。

ほんの少しなんですが薄紫色に輝いてきたような。

オッ・・・オォ・・・いいでちゅねぇ~

彼らが愛おしく見えてきたのでした。

長い

キリギリスの目ん玉部分にピントをゆっくり合わせていたら気が付いたんだ。

ヒゲ(触覚)・・長~い。

画面に収まりません。

静かに三脚を引いて、カメラを縦位置にした。

ヒゲは画面からキレてないよな・・

花びらはこちらを向いているよな・・

キリギリス?にとって、このアジサイの花園はゆりかご的な存在なんだろうか・・そんなことを思ったりして。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市 15日撮影

*彼にとっては僕は喜ばしくない存在で、ジッとしていながら「どうやって逃げようかな」と考えているのかもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

幻の赤い雲

関連記事

  1. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 胎内市・金峯神社のシラネアオイ

    天女の羽衣・シラネアオイ

    先月20日の撮影です(大大大連休中で現像できなかった)。胎内…

  4. 春の色/一番

    昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つ…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  7. 邪魔!

    「俺の彼女に 手 出すんじゃねぇ~、邪魔!」と、厳つい顔して顎を持ち…

  8. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。