モノクロフィルム

*写真は13日早朝の鳥屋野潟。投稿済みのコンデジ写真と違って、こちらはリバーサルフィルム。フィルムスキャナーでモノクロモードで出力したものです。

富士フィルムが昨年製造と販売を中止したモノクロフィルムがこの秋に復活する。原材料の一部を変更し、装いも新たに登場する。

これは嬉しい。

白黒フィルムは使用したことがないのに、このニュースにはなぜかホッとした。この秋が待ち遠しい。頬ずりして、チュ~して、カメラに詰めてパシャリやってやる!

自家現像技術なんか持ってないから、フィルムを高品質な状態で現像できるお店を今のうちに探しておかねば。

いっぽう、カメラ量販店のフィルムコーナーなんて猫の額ほどしかない。しかも赤札の付いた商品が並んでいたりもする。

先日、その片隅でフィルムピッカーを見つけた。

フィルムのベロまで巻き込んでしまったパトローネの中からそのベロを引っ張り出すモノですが、あの使い方、今も覚えている人ってどれくらいいるんだろう?

RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3  鳥屋野潟

パワハラ・モラハラ

最近こうした問題を取り上げたセミナーや研修会がやたら多くなってきた気がする。それに参加したり、関連本を読み漁っているのだが、とんでもない実例がワンサカ挙がってるんだね。

改めて根の深さを感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

清めてくれた鳥屋野潟

ウツボ草

関連記事

  1. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  2. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  3. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  4. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  5. 私という暗黒物質

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8…

  6. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  7. 夜明け色・鳥屋野潟

    この夜明けの色をどう表現したら良いのでしょう。小さいながらもインパク…

  8. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。