カメムシは本当に嫌われ者?

カメムシが好きだ!なんて声高らかに公言する輩はどこかにいるのだろうが、僕は今だそのモウレツ熱烈ファンに出会ったことがない。

聞くところによるとこのアカスジカメムシ、好きな人はトコトン好きらしい。身なりなんてどことなくファッショナブル。そうだ、イタリアンな感じだし。

そのカメムシ、毎年撮影していながら満足のいく絵が出来ずに悶々としていた。

でも今回はいままでよりマシな絵になった。

いつもフラれてばかりいたもんね。

消費したフィルムは数え切れないから、その分、嬉しさ倍だ。

独りの世界

そういう気持ちを奥様や娘に説明しても聞いてくれない。

なんとか興味を持っていただきたいと、こちらは熱心に、しかも幅広い角度(例えば森敦の名作『月山』に登場するカメムシのはなし・・などを織り交ぜて)から説得を試みるのだが、決まって撃沈する。

大体は冷蔵庫からジャンボアイスを取り出すためのタイミングスイッチみたい。

そんな過程を経て、やがては独りの世界にどっぷりと浸かっていく。

カメムシの話しをしたところで誰も振り向いてはくれないのは承知の上だが、あまりにも無関心なその態度が僕には理解できないでいる。

マーガレットはカメムシに受粉を手伝ってもらい、ウレシ顔をしているのに。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF3   阿賀野市  25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤の刻

眩しい鳥屋野潟

関連記事

  1. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  2. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  3. 神社猫

    品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございました。日常を平々凡々…

  4. 辛うじてこの1枚・大岩鏡

    現像に出したままのフィルムを受け取りに行ってきた。大型連休中に撮影し…

  5. 山里のサル

     田んぼのあぜ道にドカッと座り込んで人様の仕事の様子を長い間、見つめていた一…

  6. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  7. おおさど丸

    ~過去写真から~新潟と佐渡両津を結んでいたカーフェリー「おおさど丸」…

  8. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。