カメムシは本当に嫌われ者?

カメムシが好きだ!なんて声高らかに公言する輩はどこかにいるのだろうが、僕は今だそのモウレツ熱烈ファンに出会ったことがない。

聞くところによるとこのアカスジカメムシ、好きな人はトコトン好きらしい。身なりなんてどことなくファッショナブル。そうだ、イタリアンな感じだし。

そのカメムシ、毎年撮影していながら満足のいく絵が出来ずに悶々としていた。

でも今回はいままでよりマシな絵になった。

いつもフラれてばかりいたもんね。

消費したフィルムは数え切れないから、その分、嬉しさ倍だ。

独りの世界

そういう気持ちを奥様や娘に説明しても聞いてくれない。

なんとか興味を持っていただきたいと、こちらは熱心に、しかも幅広い角度(例えば森敦の名作『月山』に登場するカメムシのはなし・・などを織り交ぜて)から説得を試みるのだが、決まって撃沈する。

大体は冷蔵庫からジャンボアイスを取り出すためのタイミングスイッチみたい。

そんな過程を経て、やがては独りの世界にどっぷりと浸かっていく。

カメムシの話しをしたところで誰も振り向いてはくれないのは承知の上だが、あまりにも無関心なその態度が僕には理解できないでいる。

マーガレットはカメムシに受粉を手伝ってもらい、ウレシ顔をしているのに。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF3   阿賀野市  25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤の刻

眩しい鳥屋野潟

関連記事

  1. 女のたこ

    adox chs100ⅱ cosina voigtlander ultron…

  2. やまゆり

     新発田市内ノ倉から旧黒川村へ通じる道路沿い、民家近くの山の林の中でドッカ~…

  3. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  4. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  5. 「母の日」の母

    Kodak T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  7. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  8. セアカツノカメムシ

    カメムシは農作物を食い荒らす害虫として断トツ的存在であるのだけど、そうで…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。