霧の鳥屋野潟

RVP100 Ai-Nikkor 35/2s NikonF5

風・・まったく感じません!

放射冷却現象が起きるんじゃないのかなぁ~!

いや、もう起きていた!

車のライトに波打つ霧が照らし出された時にウワ~ッとなりました。

4時に現地に入るとそこは既に霧の中。

見えるのは手前の葦原、今を盛りと白い花をたくさんつけた野イバラのみ。

うす紫色の大気がゆっくりと揺れ動くたび、より一層、濃さを増していく霧。

まるで時間を止めてしまったかのように辺りは静かです。

4時30分、日の出時刻を迎えても全くわからない。霧の出現を期待しながらも度が過ぎて手も足も出ない状態です。

橋の欄干には二人のカメラマン。

「なーんもダメ」と。

思い切って普段はあえて構図から外している草むらを手前にして、岸辺のラインを入れてみた。

加えて野イバラ、ハンノキも左画面に。

遠近感を出したかったけど、無理あったみたい 😛 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

腰を痛めた環水平アーク

赤と黒の鳥屋野潟

関連記事

  1. 赤銅色の朝焼け

     上沼橋へ行く。本日は面白い天気。こちら側は暗くて今にも雨。でも東側は雲が無…

  2. 半ベソかく前の鳥屋野潟

    先月21日に掲載した『半ベソかいた鳥屋野潟』の数分前にリバーサルフィルムで撮…

  3. 鳥屋野潟・長雨のあと

    今日ようやく梅雨が明けた。その梅雨明けの日の朝を写真に収めよ…

  4. 赤い実とカマキリの卵

    2015年11月23日(祝)撮影 いつの間にか秋が終わっていたんだな。野…

  5. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園 子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たまツクツクボウシ…

  6. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いたが、…

  7. アルビカラー・ビッグスワン 

    2015年9月2日(水)撮影ニコンレンズ“AiED180F2.8s ”がお…

  8. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。右下のス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。