オーレンはオウレンで黄連だった

オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。

「この花だけなんでオーレンと片仮名なんだろ」なんて気にしながらも、人様に尋ねることもなかった。気になる度合いが少なかったせいだろうか。

だからそのシコリを溶かすのに少々時間がかかってしまう。

「溶けていく」間にちゃんとした名前で入力しその花のについて学んでみた。

もっとも私の覚え方は色とか、形とか、匂いとかと関連付けていく方法で、活字として記憶しない。

ん?だからかぁ。

活字として記憶するなら「黄連」と脳みそに刻み込まれ、「オウレン」と発音していたに違いないから。

根っこが黄色で漢方にもなって・・フムフム・・。

でも、もっと驚いたのは花が終わった後の種を付けたその形。

アッ、コレ、見たことあるもんね・・となったのでした。

忘れていたこと、勘違いしていたことが突如として明らかに・・これって、歳を重ねてから経験するとある意味かなりきつい!

写真

写真を撮るには暗い。

マイクロレンズの絞り値を解放2.8にしてもシャッタースピードは1/30秒(ISO100)。幸いに風がほとんどなかったから撮ってみた。

背景の白くボケているのは全て「オウレン」。

この白と枯葉の茶色がほどよくとろけて見えて、かつ煩雑な背景にならないようにオウレンの茎も花々で隠し気味にして撮影しています。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8S NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

健気に咲く小花にホロリとなる

シュワッチな天井

関連記事

  1. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日…

  2. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  3. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  4. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  5. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  6. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  7. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  8. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。