オーレンはオウレンで黄連だった

オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。

「この花だけなんでオーレンと片仮名なんだろ」なんて気にしながらも、人様に尋ねることもなかった。気になる度合いが少なかったせいだろうか。

だからそのシコリを溶かすのに少々時間がかかってしまう。

「溶けていく」間にちゃんとした名前で入力しその花のについて学んでみた。

もっとも私の覚え方は色とか、形とか、匂いとかと関連付けていく方法で、活字として記憶しない。

ん?だからかぁ。

活字として記憶するなら「黄連」と脳みそに刻み込まれ、「オウレン」と発音していたに違いないから。

根っこが黄色で漢方にもなって・・フムフム・・。

でも、もっと驚いたのは花が終わった後の種を付けたその形。

アッ、コレ、見たことあるもんね・・となったのでした。

忘れていたこと、勘違いしていたことが突如として明らかに・・これって、歳を重ねてから経験するとある意味かなりきつい!

写真

写真を撮るには暗い。

マイクロレンズの絞り値を解放2.8にしてもシャッタースピードは1/30秒(ISO100)。幸いに風がほとんどなかったから撮ってみた。

背景の白くボケているのは全て「オウレン」。

この白と枯葉の茶色がほどよくとろけて見えて、かつ煩雑な背景にならないようにオウレンの茎も花々で隠し気味にして撮影しています。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8S NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

健気に咲く小花にホロリとなる

シュワッチな天井

関連記事

  1. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。