落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い小川が明るくなって息を吹き返した感じ。

雪解け水か山懐が本来かかえた湧水のせいかは知りませんが、春を迎え、重なり積もった落ち葉や雪の礫が掃き流されてしまっていた。

流れに勢いも感じます。

つい数週間前までは小川があるかないかも分からないほどに堆積していたのに。

あたたかな陽

春の光を楽しんだ。

冬とは違ったあたたかな光が小川のそこかしこに戯れて、流れの中を覗き込んでしまいたくなりました。

シダの葉っぱが川底に影を落としていて、その影が流れに沿うように小刻みに揺れるのです。その光景を撮ろうと1枚撮ったところで、長靴に水が入ってしまった。

写真はシダではなくクヌギかコナラの落ち葉。こちらはタップンな長靴でしかも水面に尻を浸した状態で撮ったもの。そうしないとこの角度で撮せない。

どうでも良いのですが、それくらいまでして捕まえたい光でもありました。

それにしても冬の間、山陰に吹き寄せられたり、雪面にペッタンとパッチワークのように貼り付いていた落ち葉は何処へいっちまったのだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF3  9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梅の蕾

久々の2連休はこんな朝から始まった

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。