落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い小川が明るくなって息を吹き返した感じ。

山懐が本来かかえている湧水のせいかは知りませんが、春を迎えて重なり積もった落ち葉や雪の礫も掃き流されてしまっていた。

流れに勢いも感じます。全てはあたたかな陽の成せる技。

つい数週間前までは小川があるかないかも分からないほどに堆積していたのに。

あたたかな陽

春の光でしょうか。冬とは違ったあたたかな光が小川のそこかしこにあって、流れの中を覗き込んでしまいたくなりました。

シダの葉っぱが流れの底に影を落としていて、その影が流れに沿うように小刻みに揺れるのです。その光景を撮ろうと1枚撮ったところで、長靴に水が入ってしまった。

写真はシダではなくクヌギかコナラの落ち葉。こちらはタップンな長靴でしかも水面に尻を浸した状態で撮ったもの。そうしないとこの角度で撮せない。

どうでも良いのですが、それくらいまでして捕まえたい光でもありました。

それにしても冬の間、山陰に吹き寄せられたり、雪面にペッタンとパッチワークのように貼り付いていた落ち葉は何処へいっちまったのだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF3  9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梅の蕾

久々の2連休はこんな朝から始まった

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。