落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い小川が明るくなって息を吹き返した感じ。

山懐が本来かかえている湧水のせいかは知りませんが、春を迎えて重なり積もった落ち葉や雪の礫も掃き流されてしまっていた。

流れに勢いも感じます。全てはあたたかな陽の成せる技。

つい数週間前までは小川があるかないかも分からないほどに堆積していたのに。

あたたかな陽

春の光でしょうか。冬とは違ったあたたかな光が小川のそこかしこにあって、流れの中を覗き込んでしまいたくなりました。

シダの葉っぱが流れの底に影を落としていて、その影が流れに沿うように小刻みに揺れるのです。その光景を撮ろうと1枚撮ったところで、長靴に水が入ってしまった。

写真はシダではなくクヌギかコナラの落ち葉。こちらはタップンな長靴でしかも水面に尻を浸した状態で撮ったもの。そうしないとこの角度で撮せない。

どうでも良いのですが、それくらいまでして捕まえたい光でもありました。

それにしても冬の間、山陰に吹き寄せられたり、雪面にペッタンとパッチワークのように貼り付いていた落ち葉は何処へいっちまったのだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF3  9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梅の蕾

久々の2連休はこんな朝から始まった

関連記事

  1. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  2. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  5. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。…

  6. 都を忘れてしまう花が咲いた

    RICOH・GRⅢx佐渡に島流しされた順徳天皇がこの花をながめ、都を忘れ…

  7. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  8. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。