白鳥は内股で歩く

大きさは僕の手の平ほど。

これで水かきがあるということは白鳥でしょう。足跡のずっと先の池には白鳥が二羽プカプカ浮いているし。

仲良さげ。僕が近づくとその分だけ向こうへ行く。

邪魔されたくないみたい。

面倒な人間とは関わりたくないみたい。

でも危険が切迫し目を吊り上げた緊張状態とはまるっきり違ってトホホン顔に見えてくるんだな。

カップル成立になったのだろうか。

その雰囲気から冬の集団疎開に終わりが近づいていることを伺い知るのでした。

さて雪面にクッキリ刻印された足跡。

面白いですねぇ~。

写真の一番手前が左足、次が右足。

歩く姿を想像すると笑っちゃいます。

体を左右にゆすって、しかも内股で。

RICOH GRⅡ   福島潟 11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

股下から水上バスが現れた

一人の時間 川の流れ

関連記事

  1. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  2. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  3. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. レトロな朝/福島潟

    あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めて…

  6. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  7. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  8. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。