白鳥は内股で歩く

大きさは僕の手の平ほど。

これで水かきがあるということは白鳥でしょう。足跡のずっと先の池には白鳥が二羽プカプカ浮いているし。

仲良さげ。僕が近づくとその分だけ向こうへ行く。

邪魔されたくないみたい。

面倒な人間とは関わりたくないみたい。

でも危険が切迫し目を吊り上げた緊張状態とはまるっきり違ってトホホン顔に見えてくるんだな。

カップル成立になったのだろうか。

その雰囲気から冬の集団疎開に終わりが近づいていることを伺い知るのでした。

さて雪面にクッキリ刻印された足跡。

面白いですねぇ~。

写真の一番手前が左足、次が右足。

歩く姿を想像すると笑っちゃいます。

体を左右にゆすって、しかも内股で。

RICOH GRⅡ   福島潟 11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

股下から水上バスが現れた

一人の時間 川の流れ

関連記事

  1. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  2. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  3. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いてい…

  4. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  7. 土手下のエノコログサ

    2015年9月21日(祝日)撮影  掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、改め…

  8. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。