吹き溜まりで見つけたもの

4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。

撮りたいとウズウズしていた内なる熱気なんてすぐに消し飛んでしまったな。

そんなのあった?・・みたいな。

全く撮る気なし状態になっちまって、頭の中は早くも、帰ったら、吉乃川(新潟の地酒)をひっかけて、ひと眠りしようかな。

それでも、シャッターが押せる明るさまで待ってみた。

来たことには来た!

その証に沈没舟とこの壊れた車輪を撮ったのでした。

写真は大八車の車輪。

しばらくなんだコレ?と。

大八車の車輪と気がつくまで時間がかかりましたねぇ。

店終いしたお食事処の壁にくくりつけてあった。

客寄せに飾ってあったのだろう・・と思うのだけど、廃れ方が激しくない?

RICOH GRⅡ  30日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼けを白黒モードで撮ってみた

関連記事

  1. W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

    縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカップ…

  2. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  5. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  8. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。