吹き溜まりで見つけたもの

4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。

撮りたいとウズウズしていた内なる熱気なんてすぐに消し飛んでしまったな。

そんなのあった?・・みたいな。

全く撮る気なし状態になっちまって、頭の中は早くも、帰ったら、吉乃川(新潟の地酒)をひっかけて、ひと眠りしようかな。

それでも、シャッターが押せる明るさまで待ってみた。

来たことには来た!

その証に沈没舟とこの壊れた車輪を撮ったのでした。

写真は大八車の車輪。

しばらくなんだコレ?と。

大八車の車輪と気がつくまで時間がかかりましたねぇ。

店終いしたお食事処の壁にくくりつけてあった。

客寄せに飾ってあったのだろう・・と思うのだけど、廃れ方が激しくない?

RICOH GRⅡ  30日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼けを白黒モードで撮ってみた

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  3. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  6. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  7. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  8. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。