イトトンボのランデブー

 土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。
大げさな表現でなく本当にそうだ。この時期の朝方はスイパの葉先や
ハスの茎、ハルシオンの花にピタッと吸い付くようにとまってじっと
しているイトトンボを多く見かける。
 ハスを狙う写真屋が多い中、交尾準備中の2匹を撮影することにした。
漸くして陽が射して明るくなったというもののレンズの絞り値は解放4、
ISO100で1/30秒程度のシャッタースピード。デジカメに慣れ親しんだ
人には考えられないような悪条件下での撮影だ。
 ギリギリまでアップで追い込んだため直線状に並んでいながら真ん中の
メスだけにピントが合った。レンズの曲面距離が関係している。
2カット撮り「ヨシ本番だ!」と体勢を立て直した途端、2匹のトンボは
つながったままヘリコプターのようにゆっくり上昇。ポカ~ンと口を開け
た私の脇を「ヒッヒッヒッ」と笑いを浮かべながら飛び立って行きました。
 RVP100 Ai105F4sマクロ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の田んぼ

愛らしいネジバナ

関連記事

  1. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  2. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  3. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  7. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。