イトトンボのランデブー

 土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。
大げさな表現でなく本当にそうだ。この時期の朝方はスイパの葉先や
ハスの茎、ハルシオンの花にピタッと吸い付くようにとまってじっと
しているイトトンボを多く見かける。
 ハスを狙う写真屋が多い中、交尾準備中の2匹を撮影することにした。
漸くして陽が射して明るくなったというもののレンズの絞り値は解放4、
ISO100で1/30秒程度のシャッタースピード。デジカメに慣れ親しんだ
人には考えられないような悪条件下での撮影だ。
 ギリギリまでアップで追い込んだため直線状に並んでいながら真ん中の
メスだけにピントが合った。レンズの曲面距離が関係している。
2カット撮り「ヨシ本番だ!」と体勢を立て直した途端、2匹のトンボは
つながったままヘリコプターのようにゆっくり上昇。ポカ~ンと口を開け
た私の脇を「ヒッヒッヒッ」と笑いを浮かべながら飛び立って行きました。
 RVP100 Ai105F4sマクロ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の田んぼ

愛らしいネジバナ

関連記事

  1. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  2. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の様子…

  3. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  4. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

  7. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  8. 日の出光線

    久しぶりの福島潟。西側に位置する「遊潟広場」駐車場は轍が沢山あった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。