“縄文田んぼ”に朝がきた

今日26日は待ちに待った日曜日。

娘は昨日の”音髭”を飛び跳ねながら観ていたその疲れでグッタリ。奥様は呑むのが恒例の女子会参加で深夜の帰宅。

午前4時半、2人が息をしているのを確認してからカメラ道具持って家を出た。

午前中は俺にとっては自由な時間になるだろう・・そう思うと、自然と顔がニヤついてくるのでした。

ところが、無情にも雨が降ってきた。

空がちょこっとピンクに色づいたから、雨雲を認めるも期待はしたんだがなぁ~。

結局、カメラも出せず、観察のみで帰ってきた(生き物たちの活性はいまひとつ)。

午後は気になる事案があって会社に行く。

リコーGRⅡの試し打ちもせず、溺愛するNikonF3には頬摺りすることも無く昼間が終わろうとしている。

そう言えば価格が下がり続けていたGRⅡが値上がりに転じた。

これも市場経済?

写真は胎内川の左岸に広がる河岸段丘沿いの“縄文田んぼ”。縄文時代早期から弥生時代にかけて大規模な集落があった場所(分谷地A遺跡)。

それで勝手に“縄文田んぼ”と呼んでいる。

写真の向こう側は胎内川の右岸側。

林を抜けて陽が射してきた。濡れた穂先が一斉に輝き出す。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  8月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

デジカメと親父的思考

深山茜(ミヤマアカネ)

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢民家が向かい合う狭い路地を進む…

  3. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ウツボ草

    花穂の姿形から武士が弓矢を入れたカゴ、つまり靫(うつぼ)に似ているこ…

  5. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  6. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミです…

  7. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  8. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。