裏葉色と朱色

『裏葉色』、『朱色』ともに日本の夏の伝統色。

因みに「新潟の夏のにおいは?」と聞かれたら「道路のアスファルトの臭い」「朝早くスイカ畑を渡る風の薫り」でしょうか。

そうだ、「台所にぬるく淀む生ゴミの臭い」もあったな。

『裏葉色』は文字通り葉の裏側の色。写真はヨモギの葉です。

その“隠し処”に嵌まりこんで、葉の重なりを利用してベニシジミを撮ってみた。

重なる葉の陰影が波のように仕上がったのは意外であったが、同時に、茎の暗い部分がこれほどまで残っているとは思わなかった。

葉陰越しのピント合わせはどうも苦手。

ピントリングをまわしているうちにピントのヤマが掴めなくなってくるのですね。

これは・・歳のせいでしょうか。

accident

葛の蔓に足が絡んで前のめりに転んだ際、左横腹を強打した。右手にカメラ、左手に小型三脚。思わず両方を体でかばう姿勢で倒れたからモロにドン。

カメラ機材は大したことなかったが、私の体が痛い。

シャツを脱いでみたら、ところどころ血が滲んでいる(熱い湯船につかると痛~い)。横を向いて寝られないし、肩もカクカクする。

浮かれているとしか言いようがない。

何かに集中すると、他のものが見えなくなる・・繰り返し反省するが、改善しない。

RDPⅢ Ai-Mikro Nikkor 105 f/2.8s (接写リングPK-13 使用) NikonF3 阿賀野市 7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水玉とキイトトンボ

折り返しの朝・福島潟

関連記事

  1. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。