裏葉色と朱色

『裏葉色』、『朱色』ともに日本の夏の伝統色。

因みに「新潟の夏のにおいは?」と聞かれたら「道路のアスファルトの臭い」「朝早くスイカ畑を渡る風の薫り」でしょうか。

そうだ、「台所にぬるく淀む生ゴミの臭い」もあったな。

『裏葉色』は文字通り葉の裏側の色。写真はヨモギの葉です。

その“隠し処”に嵌まりこんで、葉の重なりを利用してベニシジミを撮ってみた。

重なる葉の陰影が波のように仕上がったのは意外であったが、同時に、茎の暗い部分がこれほどまで残っているとは思わなかった。

葉陰越しのピント合わせはどうも苦手。

ピントリングをまわしているうちにピントのヤマが掴めなくなってくるのですね。

これは・・歳のせいでしょうか。

accident

葛の蔓に足が絡んで前のめりに転んだ際、左横腹を強打した。右手にカメラ、左手に小型三脚。思わず両方を体でかばう姿勢で倒れたからモロにドン。

カメラ機材は大したことなかったが、私の体が痛い。

シャツを脱いでみたら、ところどころ血が滲んでいる(熱い湯船につかると痛~い)。横を向いて寝られないし、肩もカクカクする。

浮かれているとしか言いようがない。

何かに集中すると、他のものが見えなくなる・・繰り返し反省するが、改善しない。

RDPⅢ Ai-Mikro Nikkor 105 f/2.8s (接写リングPK-13 使用) NikonF3 阿賀野市 7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水玉とキイトトンボ

折り返しの朝・福島潟

関連記事

  1. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。