夜明け空を駈ける

写真は6月23日(土)の夜明け間近な鳥屋野潟(とやのがた)。

フィルムが残り枚数わずかで、バシャバシャできないし、夜明けの空を駈けていく風の流れにも気をとられ、ピークを撮影する頃合を逸してしまったようだ。

その場にいながら、その様子をじっくり観察していながらこのザマだ。

撮影後は憂さを晴らそうとガッとペダルこいで会社へ向かう。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF3    新潟市・鳥屋野潟

蝉時雨

先日微かなセミの声を聞いた同じ場所で今日(1日)は蝉時雨に包まれた。

早朝の蝉の声は体が洗われる。内臓に染み入り、懲りが解れていくみたい。

松尾芭蕉が「・・蝉の声」と詠んでいるが、「音」としなかった理由が何となく分かるような気分になってくる。

“声”は相手に何かを呼びかけ、何かを気づかせるからだろうか。

残念

富士フイルムから発売されているリバーサルフィルム・ベルビア100の5本パックがいつの間にか無くなっていた。

現在はバラ売りのみとなっている。

そのせいで今度はバラが店頭からすぐ消える。さぁ・・どうしようか・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟に浚渫船が現れた

「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

関連記事

  1. 綿毛

    2015年4月26日(日)撮影 鳥屋野潟公園”流れ”の小径脇。岸辺の土手近く…

  2. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  5. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  6. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。