夜明け空を駈ける

写真は6月23日(土)の夜明け間近な鳥屋野潟(とやのがた)。

フィルムが残り枚数わずかで、バシャバシャできないし、夜明けの空を駈けていく風の流れにも気をとられ、ピークを撮影する頃合を逸してしまったようだ。

その場にいながら、その様子をじっくり観察していながらこのザマだ。

撮影後は憂さを晴らそうとガッとペダルこいで会社へ向かう。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF3    新潟市・鳥屋野潟

蝉時雨

先日微かなセミの声を聞いた同じ場所で今日(1日)は蝉時雨に包まれた。

早朝の蝉の声は体が洗われる。内臓に染み入り、懲りが解れていくみたい。

松尾芭蕉が「・・蝉の声」と詠んでいるが、「音」としなかった理由が何となく分かるような気分になってくる。

“声”は相手に何かを呼びかけ、何かを気づかせるからだろうか。

残念

富士フイルムから発売されているリバーサルフィルム・ベルビア100の5本パックがいつの間にか無くなっていた。

現在はバラ売りのみとなっている。

そのせいで今度はバラが店頭からすぐ消える。さぁ・・どうしようか・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟に浚渫船が現れた

「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

関連記事

  1. 鳥屋野潟・長雨のあと

    今日ようやく梅雨が明けた。その梅雨明けの日の朝を写真に収めよ…

  2. たぶん真冬日

    RICOH・GRⅢマスクの内側だけ蒸れちゃって、メガネが曇る。マスクを外…

  3. 鳥屋野潟・紫の夜明け

    体験撮影日は6月18日 上沼橋から鳥屋野潟を望んでいる。阿賀町のたきがし湿…

  4. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  5. 松ぼっくり

    子供が松ぼっくりを拾い集めて、石の上に並べて遊んでいた。母親に断ってその並…

  6. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  7. 朝焼け

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。…

  8. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。