この時期、紫と言えば カキツバタ?

この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙です。

「この時期」と言っても、もう10日近く前の話だから、少し過去に遡らなければなりませんけど。

写真はフィルムの“素の状態”でこんな感じ。

フィルム(RVP100)の発色特性にもよりますが、長年にわたって同一フィルムを使用していると「カッキ~ン」、「トロリンチョ」な仕上がり状況が次第に分かってくるのですね(写真の評価は別問題)。

花の名は、たぶん、おそらく、カキツバタでしょう。アヤメでないことは中央部の“白いベロ”で分かります。

花びらが秘かではありますが、それなりに胸を張り、主張しているように見えたんで、コイツを被写体に選んだだけなのでした。

色彩の特性に重きを置き、出来るだけシンプルにと、レンズの絞り開放で。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF3  5月下旬

よしこ

奥様の名前は「よしこ」という。

SNSで第三者に関して、顔も名前も出さないことにしているのだけど、今回は奥様の許可をもらったので名前だけ出した。

その「よしこ」だが、家によくやって来る野良猫も同じ名前で呼んでいる。

「コラッ、よしこ!」と声を荒げると「ニャ~」と従順な表情を浮かべる。

それが好きで堪らないし、妙な優越感を覚える。

翻って、テレビ業界で「よしこ」をよく見かける。

私の奥様もほぼ「よしこ」を踏襲している。

今日、その「よしこ」が揃った。

テレビには「よしこ」がアップ。掃き出し窓の向こうには「よしこ」が睨みを効かせてこちらを見ている。そして、テーブルを挟んだ向かいには崇拝する「ヨシコ」が鎮座している。

だから、なぜか酒がすすむ。今日は発泡酒に吉乃川のコップ酒が付いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

光の道

天女はどこへ消えた? 

関連記事

  1. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。