葉っぱが動く?

山の入り口を歩いていたら、葉っぱが動いた。

すぐに立ち止まって、その方を見やると小さなカナヘビがいた。

葉っぱが動いたのはカナヘビがその上を通ったからなんだな。

どうせ逃げるだろう・・

そう思いつつも、ゆっくり間を詰めていく・・

ちょっと動いた。

立ち止まる。

また静かに寄っていく。

寄りながらも頭の中ではファインダーで覗いた構図を考えている。

「万が一、撮れるなら・・シャッタースピードは1/125秒f4開放で・・」

NikonF3のシャッターダイヤルを125に合わせ、レンズも開放の4にして、そのまま静かにしゃがんでいく・・

逃げない・・メンタマが微かに動く。

逆立ちしたような二つの葉っぱを背景に取り入れて手持ちでパシャリやってみた。

「どうしちゃった?・・なんで逃げない?」

そう思って、体を少しだけ反らせたら逃げていった。

カナヘビを見るとなぜかシッポをもぎたくなる(切りたくなる・・意)。

あれは子供の頃、どうしても不思議だった。もっとも今もそうだけど。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s   阿賀町 4月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アケビの花

僕とタワーと女の子

関連記事

  1. 雨の日のアジサイ

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  2. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  3. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

  4. 春の三姉妹

     春先は一面のカタクリで文字通り足の踏み場もありませんが小川沿いではフキノト…

  5. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  6. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  7. 全面結氷した当時

    最強寒波です。この3日間は久しぶりに目を開けていられないほどの吹雪を体感し…

  8. 朝陽に透けるエノコロ蝶

    モンシロチョウだと思っていたが、どうやらモンキチョウみたい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。