緑葉

いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「ブナは役に立たない木、だから橅と書く」の文言だけは実によく記憶している。

人の生産活動と絡めての事と分かっていながらも、「なんでそんな言われ方されるんだ?」と反発していたからだろう。

葉は雨粒を集め、やがて雨水となって幹を伝い土中に染み入り、木の実は小動物を支え・・豊かな山になるんだけどなぁ~と。

幹に絡みついた若葉に初々しい眩しさを感じました。母なるブナの存在があるからこそ、より豊かな緑を感じたのでしょうか。

つまりは、仮の母の懐で目覚めた、どちら様か存じ上げない緑葉さんに慈愛の気持ちを注いで眺めてしまう自分がそこにいるのですね。

写真は手前のブナの幹をぼかして奥の緑葉に自然と目線が向くような構図にしてみたつもりですが、逆に奥が手前に見えてきたりもする。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3 20日撮影  高坪山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

優しい気持ち

ナガハシスミレ

関連記事

  1. ヨシゴイ 幼鳥

    過去写真(遠い過去)瓢湖にて7月下旬に撮影したものと思います。ヨシゴイの…

  2. コゲラ

    コゲラです。 以前、新発田市滝沢森林公園で撮影した写真です。親鳥が虫を咥えて…

  3. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  4. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙…

  5. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  6. 岩鏡

    2016年4月22日撮影 新発田市・本田 日本海側では『オオイワカガミ』が多…

  7. 冬 ツグミ

    ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうため…

  8. キジ オス

    過去写真 初掲載以前、キジのメスを掲載したが、今度はオス。メスと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。