緑葉

いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「ブナは役に立たない木、だから橅と書く」の文言だけは実によく記憶している。

人の生産活動と絡めての事と分かっていながらも、「なんでそんな言われ方されるんだ?」と反発していたからだろう。

葉は雨粒を集め、やがて雨水となって幹を伝い土中に染み入り、木の実は小動物を支え・・豊かな山になるんだけどなぁ~と。

幹に絡みついた若葉に初々しい眩しさを感じました。母なるブナの存在があるからこそ、より豊かな緑を感じたのでしょうか。

つまりは、仮の母の懐で目覚めた、どちら様か存じ上げない緑葉さんに慈愛の気持ちを注いで眺めてしまう自分がそこにいるのですね。

写真は手前のブナの幹をぼかして奥の緑葉に自然と目線が向くような構図にしてみたつもりですが、逆に奥が手前に見えてきたりもする。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3 20日撮影  高坪山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

優しい気持ち

ナガハシスミレ

関連記事

  1. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  2. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  3. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

  4. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  5. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ…

  6. 珊瑚色の猩々袴

     灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。今回の写真は、”灰桜”…

  7. 冬枯れにヒヨドリ

    葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。…

  8. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。