緑葉

いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「ブナは役に立たない木、だから橅と書く」の文言だけは実によく記憶している。

人の生産活動と絡めての事と分かっていながらも、「なんでそんな言われ方されるんだ?」と反発していたからだろう。

葉は雨粒を集め、やがて雨水となって幹を伝い土中に染み入り、木の実は小動物を支え・・豊かな山になるんだけどなぁ~と。

幹に絡みついた若葉に初々しい眩しさを感じました。母なるブナの存在があるからこそ、より豊かな緑を感じたのでしょうか。

つまりは、仮の母の懐で目覚めた、どちら様か存じ上げない緑葉さんに慈愛の気持ちを注いで眺めてしまう自分がそこにいるのですね。

写真は手前のブナの幹をぼかして奥の緑葉に自然と目線が向くような構図にしてみたつもりですが、逆に奥が手前に見えてきたりもする。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3 20日撮影  高坪山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

優しい気持ち

ナガハシスミレ

関連記事

  1. ミツバツツジは振り向いてくれない

    先月27日の撮影ですから、今は既に花落ちて、その盛りの姿はありません。…

  2. 樹液塊・ここまでカモフラージュされると判別不能 …

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから、そ…

  3. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  4. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか…

  5. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  6. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  7. 命紡ぐ 朽ち葉かな

    撮影の背景待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草…

  8. まるで宝石!・自然が造る色は極彩色 光沢ある輝き…

    息を呑む・・溜め息がでる・・ウットリする・・声も出ない・・図鑑でしか見て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。