ビッグスワン、強烈な朝焼け

薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピークを迎えるのがいつもの朝焼けならこの日は違う。

ひんやりした大気を肌で感じつつ明けゆく空を仰ぎ見ると綿飴のような雲。遠く稜線がほんのりと桃色に染まり出すと、雲がまるで吸い取り紙のように色素を吸い込み始めた。

吸い込んでは膨らんでいく。染まる雲の反射も強烈で湖面の一部だけライトに照らし出されているようにも見える。

手前の漆黒の水面がまるで闇の世界に見えるほど強烈な朝焼けだ。

RVP100 35ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

静かな岸辺

すじ雲染まるビッグスワン

関連記事

  1. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  2. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  3. 燃える鳥屋野潟

    写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。4月中旬から再開…

  4. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

  5. 盆前・燃えない鳥屋野潟

    盆前に撮っている。こんな雲があれば「かなり燃えたんじゃないの?」と考えるの…

  6. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  7. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  8. 鳥屋野潟 一瞬のポワ~

    15日の鳥屋野潟の朝焼け。日の出時刻が4時21分になった。夏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。