ビッグスワン、強烈な朝焼け

薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピークを迎えるのがいつもの朝焼けならこの日は違う。

ひんやりした大気を肌で感じつつ明けゆく空を仰ぎ見ると綿飴のような雲。遠く稜線がほんのりと桃色に染まり出すと、雲がまるで吸い取り紙のように色素を吸い込み始めた。

吸い込んでは膨らんでいく。染まる雲の反射も強烈で湖面の一部だけライトに照らし出されているようにも見える。

手前の漆黒の水面がまるで闇の世界に見えるほど強烈な朝焼けだ。

RVP100 35ミリ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

静かな岸辺

すじ雲染まるビッグスワン

関連記事

  1. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  2. 黄花とカマキリの卵

    2015年10月12日(祝)撮影 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がた…

  3. 逆さカマキリ

    家に居るときは大概は床面に対して体が水平になっている。ゴロン…

  4. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

  5. 鳥屋野潟銀河

    GRⅢ銀河を真横から見るとこんな感じでしょうか。宇宙空間に横とか縦と…

  6. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  7. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  8. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。