春色バカマ

里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。

毎年同じポイントでアップで撮っていますが、今回は背景色をより柔らかく、春らしく演出したつもりでいる。

ほぼ自己満足の世界ですが、それはそれで大いに結構なことと考えています。

南西向きの斜面なのですね、生えているところが。

午後3時頃でしょう。

花というより背景の枯れ葉が陽を浴びて淡く輝くだろうと。

写真は左側の花芯の中心部にピントを合わせている。当然それ以外はボケてしまう。

それでいいだろうと思う。レンズの絞り値を絞り込んで、カリカリ画面にするよりは、一部にピントが合っていれば、あとは何とかなるだろうと。

淡くボケた部分はそれなりに春らしいだろうと。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/2.8s  NikonF5  25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

松ぼっくり

藤色の夜明け

関連記事

  1. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

  2. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  3. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。…

  4. ツツジ? それともサツキ?・・それが問題・・でも…

    よくツツジは春、それも花が先に咲いて、葉はその後から、サツキは文字通り5…

  5. ナガハシスミレ

    花を愛でていると心が豊かになっていく。心が洗われる。歳を重ねるにつれ、寄り…

  6. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  7. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  8. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。