春色バカマ

里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。

毎年同じポイントでアップで撮っていますが、今回は背景色をより柔らかく、春らしく演出したつもりでいる。

ほぼ自己満足の世界ですが、それはそれで大いに結構なことと考えています。

南西向きの斜面なのですね、生えているところが。

午後3時頃でしょう。

花というより背景の枯れ葉が陽を浴びて淡く輝くだろうと。

写真は左側の花芯の中心部にピントを合わせている。当然それ以外はボケてしまう。

それでいいだろうと思う。レンズの絞り値を絞り込んで、カリカリ画面にするよりは、一部にピントが合っていれば、あとは何とかなるだろうと。

淡くボケた部分はそれなりに春らしいだろうと。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/2.8s  NikonF5  25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

松ぼっくり

藤色の夜明け

関連記事

  1. カメムシは本当に嫌われ者?

    カメムシが好きだ!なんて声高らかに公言する輩はどこかにいるのだろうが…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  6. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  7. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  8. 立浪草かも・いまだ半信半疑

    花の形が泡立って寄せる波に似ているそうで、それで「立浪草」(タツナミソウ)と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。