春色バカマ

里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。

毎年同じポイントでアップで撮っていますが、今回は背景色をより柔らかく、春らしく演出したつもりでいる。

ほぼ自己満足の世界ですが、それはそれで大いに結構なことと考えています。

南西向きの斜面なのですね、生えているところが。

午後3時頃でしょう。

花というより背景の枯れ葉が陽を浴びて淡く輝くだろうと。

写真は左側の花芯の中心部にピントを合わせている。当然それ以外はボケてしまう。

それでいいだろうと思う。レンズの絞り値を絞り込んで、カリカリ画面にするよりは、一部にピントが合っていれば、あとは何とかなるだろうと。

淡くボケた部分はそれなりに春らしいだろうと。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/2.8s  NikonF5  25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

松ぼっくり

藤色の夜明け

関連記事

  1. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  2. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  3. 野菜屑とホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  4. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  5. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  6. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  7. 埠頭・新潟東港

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3…

  8. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。