春色バカマ

里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。

毎年同じポイントでアップで撮っていますが、今回は背景色をより柔らかく、春らしく演出したつもりでいる。

ほぼ自己満足の世界ですが、それはそれで大いに結構なことと考えています。

南西向きの斜面なのですね、生えているところが。

午後3時頃でしょう。

花というより背景の枯れ葉が陽を浴びて淡く輝くだろうと。

写真は左側の花芯の中心部にピントを合わせている。当然それ以外はボケてしまう。

それでいいだろうと思う。レンズの絞り値を絞り込んで、カリカリ画面にするよりは、一部にピントが合っていれば、あとは何とかなるだろうと。

淡くボケた部分はそれなりに春らしいだろうと。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/2.8s  NikonF5  25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

松ぼっくり

藤色の夜明け

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。