それぞれの福島潟

人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみた。

3人は仲間らしく撮影前は塊になっていた。陽が昇ってきて靄った大気がボワ~と明るくなり、それぞれの持ち場に移動したところを狙っている。

いつもなら3人の眼前に潟が広がっているのだが今回は霧が雲海のように漂っている。どんな想いでシャッターを押しているんだろう・・一寸気になりました。

因みにピントは手前の木に合わせています。

この時の話ですが、私のさらに背後にもカメラマンが居て、どうやらその人も私を構図に取り入れて撮っていたみたいなんだな。

職業柄

交通事故防止、労災事故防止にあくせくしている。

今のところ労災事故の発生はないが構内事故や交通事故の発生がこの1,2月でグ~ンと跳ね上がっていて、疲労困憊状態だ。

特に休み明けと休日前に事故の発生が多い。

しかも会社を出てから1時間以内、もしくは遠くへ行っていた者が県内に戻ってきてあと少しで会社に到着すると言うときにドカ~ンとなる。

発進前の安全確認、適宜な休憩、車間距離の確保・・これだけでもしっかり実行していれば事故の件数は三分の一以下になるのに・・どうやったら皆が本気で受け止めてくれるのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

一本の木

才能あり!

関連記事

  1. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  2. ハンノキ いけ〜っ!

    日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは…

  3. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

  4. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  5. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  6. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

  7. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  8. 足跡

     手足、耳もピリピリ。早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。シャッターを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。