冬の青空

写真は大雪が去った翌13日の午前中、鳥屋野潟公園で撮影した。

手前のケヤキを中心に右奥の建物が新潟市民病院、左のアンテナが伸びた建物は新しく出来た消防署(と言っても随分前のことだが)。

見渡す限り人が踏み込んだ形跡がなく、雪面には枝の影が鮮明に伸びていた。

真っ白な大地と真っ青な空があまりにも印象的なものだから木々の裏側に太陽を隠して撮ってみた(広角レンズなので自分の足跡が映り込まないように注意)。

気温が上がって、枝から雪がはがれ落ちてきた。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF5  

ブログ更新

父が病に倒れ、危険な状態が続いている。それで仕事や写真どころではなくなった。

しばらく、定期的な投稿が出来ませんがご了承を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カメラの事 大雪の事

冬枯れの河川敷

関連記事

  1. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  2. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  3. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  4. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  5. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

  6. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  7. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。…

  8. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。