泡沫の流れ

池の水面に雪が降り続き、次第に白濁しシャーベット状となって、いよいよ凍りかけてきたその段階で急速に天候が回復した。

今度は雪に替わって陽の光が降り注いできた。

にわかに表面が崩れだし、溶け出した水が風下へと流れ出していきそう。

逆光の位置に廻り込んでその様子を眺めたら、なんだか川の流れみたい。

氷の川? それとも 光の川?

『流れ』には違わないが、数時間もしたら跡形も無く消え失せていくのだろう。そんなことを漠然と考えるに、これは『泡沫(うたかた)の流れ』なのかもしれません。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟 12月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪の声

汗の数だけ米になる

関連記事

  1. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  2. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  3. 日の出前・福島潟

    写真は3日の撮影いよいよ川霧が・・固唾を呑んで見守るも私の居…

  4. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  5. 出るかぁ~どうだぁ

     まさしく、題名の通り、日の出の瞬間です(4時半ぐらいかな)。ホントはもっと…

  6. ハンノキ赤く染まれ~!

    2015年5月6日(水)撮影。4時福島潟着。日の出時…

  7. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

  8. 福島潟の朝焼け

     4時、福島潟 蓮池側駐車場。いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。三…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。