泡沫の流れ

池の水面に雪が降り続き、次第に白濁しシャーベット状となって、いよいよ凍りかけてきたその段階で急速に天候が回復した。

今度は雪に替わって陽の光が降り注いできた。

にわかに表面が崩れだし、溶け出した水が風下へと流れ出していきそう。

逆光の位置に廻り込んでその様子を眺めたら、なんだか川の流れみたい。

氷の川? それとも 光の川?

『流れ』には違わないが、数時間もしたら跡形も無く消え失せていくのだろう。そんなことを漠然と考えるに、これは『泡沫(うたかた)の流れ』なのかもしれません。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟 12月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪の声

汗の数だけ米になる

関連記事

  1. 草むらの中

    新潟市・福島潟 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止…

  2. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  3. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

  4. 夜明け色・福島潟

    RICOH・GRⅢxなんでもRICOH・GRシリーズの宣伝文句には“都市…

  5. これもカマキリの卵なの?

    樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキ…

  6. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  7. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  8. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。