港湾

信濃川右岸に立つ新潟みなとタワーから新潟西港を俯瞰しています。

海のずっと向こう右寄り方面が村上市、そのまたまた先が山形県か。

時刻は午後3時過ぎ(休憩時間で誰も働いていない)。

雲間から西日が差し込んできて、それまでの中途半端な光加減が一気に直線的な光にとって変わった。いろんなものが立体的に浮かび上がってきたのでした。

Nikonの“名玉”とも“迷玉”とも言われる50㎜のf1.2s。絞り値5.6で撮影していますが、8にすれば良かったかな。西日を受けた建物のハレーションを意外に拾ってしまった。

いや、露出オーバーになったかもしれない。

タワーの利用方法

信濃川の真下を通るトンネルの換気塔なんですね。

しかもタワー地下3階からそのトンネルの自転車・歩道専用通路へ出入りできる。

ジョギングが好きな方は向こう岸まで行ってまた戻ってくるんだ。

以前から駐車場に車がそれなりに止まってるのに建物の中に人がいない・・不思議に思っていたんだけど、信濃川の真下、地中深くに潜り込んでいたのですね。

RVP100 Ai-nikkor 50 f/1.2s NikonF5  12月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

銀杏と銀杏

侘び色の実

関連記事

  1. 寂れた冬がやって来る

    11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。…

  2. 電線に囲まれたNEXT21

    Kodak T-max100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

  3. 我慢な日常・・じゃないのね

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3ずっ…

  4. モンブランとお坊さん

    街中を歩くなんて昨年までの僕には考えられないこと。人混みが嫌い、車の…

  5. 萬代橋

    地元新聞社社屋近くの河川敷から。信濃川の右岸側から古町方面を…

  6. 入港する新日本海フェリー

    Kodak Tri-X400 Ai-Nikkor 180f2.8s ED N…

  7. 潮の匂い・浮き球

    RICOH・GRⅡコロナの影響で家の中にいることが多くなった。街…

  8. 梅雨の合間の日本海

    突然ですが、「梅雨の晴れ間」と「梅雨の合間」、ホントはどっちが正しい表現…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。