夜明け後の小舟 /無断でPinterestに投稿されてる

この画像および記事がブログ管理者である私の許可なくPinterestに投稿されている。

『夜明けの小舟』に次ぐ『夜明け後の小舟』。

わずか数十分経過しただけで雰囲気がガラリと変わってしまった。

止まっていたように見えた舟は、こうしてみると動いているのですね。

前回の写真に比べ、舟の向きはこちらの方が好き。でも情緒は無くなって、浅薄な感じになったかな。

記念写真的な要素が強く出たようだ。

「朝霧が揺らいで・・静かな湖面に小舟が・・」なんて“たらればの世界”を夢見ていたが実際には気温はそんなに下がらず、霧は出なかった。

暗部が潰れすぎないように露出の設定は意識したが、寂寥感なんてこれっぽっちも伝わってこない。

時間帯が重要なのか? それとも気温か?

目にしたそのままの光景には違わないが、なにか腑に落ちない。

現像の仕上がりを待っている間に禁断の妄想がメラメラと暴走し、本質を見失った最たる例かもしれません。

プレミアムカフェ

先日NHKのBS番組【プレミアムカフェ】で『カメラで音楽を撃て~写真家・木之下晃』の再放送をやっていた。

コンサートホールで35ミリ一眼レフカメラにフィルムを詰めてマエストロの表情を切り取っている。

氏は「写真は集中力、音楽家も一緒だ」なんていう発言を繰り返していた。突き詰めるに何をするにしても集中力、言い換えれば傾ける情熱が重要なんだろうね。

大いに勉強になりました。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s NikonF5  福島潟 11月26日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“よこしま”な日没

シンメトリーな福島潟

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  3. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  6. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。